「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記

2011年9月30日 (金)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 の前に

完走記を書く前に、どうして今回この大会に出ようと思ったか、その経緯を書いておきたいと思います

***************************

甲府から2000mの峠を越えて川越までの143kmを走る大会

こんな一般人の常識から外れた大会の存在を知ったのは1年前

確かに奥武蔵ウルトラを完走し、えちごくびき野100kmも負傷しながらも完走したので、それなりに長距離の面白さを感じてはいました

でも「雁坂越え」は特別なランナーが参加すのもので、もともと運動経験の無いにわかランナーの私などには参加資格は無いと思っていました

その後、えちごくびき野での負傷が長引き、思たように走れない日々
このまま走ることへの興味が無くなってしまうのでは?
一時そんなことも思いましたが、ピラティスやノルディックウォークで地道に故障原因のフォーム改善と体幹強化

復帰戦として臨んだ「彩湖ウルトラ70km」は大震災直後の開催
亡くなられた方々への哀悼の意を胸にするとともに、スタートラインに立てる自分自身の命への感謝の気持ちを込めて、結果は前年の記録を1時間以上更新!

さらに3週間後、苦しみながらも「チャレンジ富士五湖112キロ」も完走
ウルトラマラソンの魅力に完全に取り憑かれてしまったなかで耳にした「川の道」での事故

犠牲になられたSさんとはもちろん面識はありませんが、その無念さは痛い程わかります

前年の雁坂越えの結果を見ると、Sさんも参加されていて完走している
今年も参加する予定だったんだろうな〜、もし私が今年参加すれば出逢えていたのかな?

そう感じた瞬間に気持ちは固まりました
「雁坂越え」にチャレンジすると!

だから私が今回「雁坂越え」に参加したのはSさんの「川の道」の事故がきっかけと言っても過言ではありません

その後、5月に12時間走、6月に武甲山トレイルとある程度満足の結果が出せたので正式エントリー

SAJのランニング塾に通ううちにT代表をはじめスタッフの方々、同じ目標に向かってトレーニングを重ねる仲間、ネットの繋がりでの知り合い・・・・・
今までは完全に一人で走っていたのがガラリと世界が変わりました

そして何よりもランニング塾の江田良子塾長との出会い
江田さんからは技術的なこと以上に“走る楽しみ”を教わったと思っています

今回の雁坂完走は自分の力の結果だけではありません
きっかけとなったSさん、そして出逢えた方々の力を借りての結果だと思っています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その1 前日編

大会は前日から始まります
そう、この大会は前日に行われる「大会説明会」への参加が義務付けられています

交通規制をしない一般道、2000mを越える登山道、最速のランナーでも必ず夜間走行が必至となる総距離143km、制限時間24時間の大会

その厳しい大会ゆえ当然ランナーには危険を伴います
「川の道」の事故は再び起こさない(起こせない)

Dscf2265

舘山代表のこの大会開催に向けての思いは胸打たれるものでした

まあ、いきなり「ようこそ!変態ランナーの皆さん!!」との一言から始まる雰囲気はいつものスポーツエイドジャパン風のゆるゆるで和気あいあいでしたけどねcoldsweats01

コースの注意説明が終了後、「川の道」の事故で犠牲になられたSさんの永久ナンバーを付けて走られる方を紹介

20110917d3c_1307_2

私は彼のナンバーを付けて走るわけではありませんが、その気持ちは同じです
たぶんSさんと交友のあったランナー、交友はないけれど「川の道」の事故を知っているランナーは同じ思いだったのではないでしょうか

そして昨年の男女優勝選手と、昨年10回目の完走を達成した方の紹介

Dscf2266

昨年の記録を見ると

男子 15時間45分36秒
女子 17時間33分59秒

しかも男子は2連覇中ですhappy02
15時間台でゴールということは日をまたがずに川越に到着ですよ!
スゴい!!

そして、10回完走者は初めてとのことで、お一人だけオレンジのゼッケンが渡されました
こちらの方もスゴい!!
しかも普通のオジさん(失礼coldsweats01)にしか見えないところがもっとスゴい!
噂によると翌週は信越五岳110kmに出たとかcoldsweats02

トップは目指せないけれど、10回完走は頑張れるかな?

そして最後にスタッフ紹介

Dscf2274_2

夜通し走るランナーも大変ですが、夜通しサポートするスタッフも同じように大変bearing
皆さんのお陰でランナーは大会を楽しめるわけで、本当に頭が下がる思いです

でもスタッフの方々も大会を楽しんでいる雰囲気がやっぱりスポーツエイド・ジャパンの大会ですねhappy01

閉会後はzoffyさん、ガッチャごんで参戦のどらごんさん、そして初対面のRinkoさんとご一緒させていただき、ほうとうで翌日の栄養を補給delicious

お初のRinkoさん、どんな方なのかな〜とお話を伺うっていると、萩往還250kmを走られたとのことcoldsweats02
やっぱりこの大会を走ろうと思う人はツワモノぞろいです

どらごんさんから去年の経験を踏まえての雁坂攻略法を教えていただきながら、ビールのジョッキを2杯空にcoldsweats01
1週間の禁酒はなんだったんでしょうね?

かなりお腹がいっぱいなって、翌日の健闘を誓い合って解散
翌朝のおにぎりをコンビニで調達してホテルへ帰還です

できるだけ早く寝たいのですが、準備に意外と時間がかかり、ホテル名物の「ワイン風呂」に入ったのは9時過ぎ

それでも足を伸ばせしてゆっくりお湯に浸かれるのはいいですねspa
ちょっと部屋が狭めでしたが、駅から近いし来年もこのホテルにしようと思います

さあ、準備完了!
あとはしっかり睡眠を取って朝を迎えるだけです!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その2 装備編

目覚ましは4時にセットしたのにその10分前にスッキリお目覚めflair
ウルトラ参戦も回を重ねてきたので結構しっかり寝れましたhappy01

さて、今回の装備紹介です

Img_0490

ウェアーはアシックスのハーフジップTシャツ+ナイキのインナー付きボックスパンツ

今回、かなり気温が高くなりそうなので、くびき野や富士五湖で着たファイントラックのインナーシャツは着ませんでした
ただ、夕方気温が下がって寒くなった時の用心にリュックには入れて行きました(実際には未使用)

腕にはザムストのアームスリーブ
気温変化への対応とトレイル区間での腕の保護目的です

膝はニューハレです
今回は青いのを貼ってみましたbleah

脹ら脛もザムストです
もちろんコンプレッション機能を期待してもありますが、これもやっぱり気温変化対応とトレイル区間での脚の保護目的もあります

シューズは新調したフェザーファイン
通気性を優先してスーパーフィートは敢えて入れませんでした

ソックスはR×Lソックス
スタート〜トレイル区間は厚手タイプ
トレイル区間が終わったCP3で薄手タイプに履き替えました

またトレイル区間用には手のひら保護のために自転車用の手袋と、シューズ内に石とかが入らないようにゲイターを装着しました

頭は帽子とターバンダナを重ねてかぶりました
帽子はもちろん日差しよけですが、バンダナは首の後ろの日差しよけと、水で濡らしてかぶることに寄るクーリング目的も兼ねています
やっぱり暑さ対策が今回のキモです

汗拭き用に「雁坂峠越えマラニック」の参加賞でもらったハンドタオルにゴムを縫い付けて腰にぶら下げました

リュックはいつものグレゴリーディアブロ
容量は小さいのでサプリ類をポーチに入れて外付けしてみました(これは失敗でした)
そのポーチの外ポケットには“ウルトラランナーの常備薬”ロキソニンとワセリン、カットバン等のエマージェンシーグッツを忍ばせました

ハイドレーションには最初ポカリ500ml+氷でトータル1000mlぐらい
これは山岳区間用に温存で、CP1まで用には500mlベットボトルをリュックの背に刺しました

リュックのウェストポケットには右はデジカメ、左はiPhoneと財布(小銭+2000円+スイカ)リュックの中にはモンベルのウィンドシェル、ファイントラックのインナーシャツ、履き替え用のR×Lソックス
そしてもしも時用の保険証と大金(1万3千円ですが・・・・)
これが後に救いになったのですが、それは後ほど

また、ガーミンが20時間しかもたないので充電用のバッテリーとケーブル、充電時に併用するランニングウォッチも入れました

あと、配布された地図も入れましたが、試走をしていることもあって地図を見ることはなかったです

タイム確認のために想定ラップ表はプラケースに入れて胸にぶら下げました

そして忘れちゃならない、受付のときに女将さんからいただいたお守りセット!
“女将の手バッチ”はウェアの腰あたりに、“チビちゃんは”リュックのナンバーカードの内側に

Img_0488_2

これで完璧です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その3 スタート編

スタート地点は甲府駅の北側です
駅南側のホテルからは陸橋を渡って5分程で到着

荷物をトラックに預け、出走チェックを済ませて、まずは女将さんに挨拶happy01
前日いただいた「女将の手バッチ」と「チビちゃん」を見せて「ちゃんと川越まで連れて行きますよ!」と宣言

昨日の夕食で一緒だったZoffyさん、どらごんさん、Rinkoさん
試走でご一緒したハンドタオル王子さん
ラン塾で一緒のIさん、Tさん
スタッフでお世話になっているKさん
雁坂の女傑Fさんはじめ武蔵UMCの方々
ブログへの書き込みが縁で今回初めてお会いするmotochikaさん、道の子さん
逆に私のブログを見られて声をかけていただいた方々
そしてT代表
次々と挨拶は続きますが、これから143kmの過酷なレースに挑むというのにみなウキウキとしています(私もですが)
やっぱりおかしな連中ですcoldsweats01

スタート前に集合写真撮影

20110918d3c_1514

もちろん大会ですから競い合うのですが、共に旅をする約200名の仲間といった雰囲気ですね

スタートラインは舗道上に引かれた白いテープだけcoldsweats01
なぜか上位選手と一緒に前から2列目に並んでしまいましたsmile

皆がスタートラインについたところで、「川の道」で犠牲になられたSさん、少し前に山の事故でなくなられた去年スタッフさん、永久ナンバーランナーでこの1年で亡くなられた方、それぞれの追悼のために1分間の黙祷

この大会はそんな多くの方によって育てられてきたんでしょう
その仲間に加われたことにすごく大きな喜びを感じました

さあ、スタート!!
という緊張感はあまりなく、直前まで談笑が続いて・・・・

スタートの合図はT代表のなんだか頼りないホイッスルcoldsweats02

いよいよ未知の世界への旅立ちです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その4 スタート〜CP1

甲府駅前を出発し、ちょっとだけ北上
すぐに国道140号「雁坂みち」に入り、あとは秩父までひたすらこの道を進みます

空は気持ちのいい晴天
しばらくすると富士山も見えてきました

20110918d3c_2013

遠足の出発みないな感じで前後のランナーと雑談しながら進みます
キロ5分ちょっとと早めかな〜とも思いましたが、気持ちがいいからまあいいかcoldsweats01
若干気温が高いのが気になりますが・・・・

8キロ程先のコンビニでトイレ休憩でスッキリ!
でもこれが一番大事で心配していたことなので一安心

順調!!と思ったのもつかの間、トラブルが
今回ザックはグレゴリーのDiablo6
つまり6リットルと容量がかなり少ない
そこで、サプリやジェル類をポーチに入れてザックにぶら下げていたのですが・・・
揺れて留めてあるホックが外れて落ちてしまいました
しかたが無いので無理矢理ザックに詰め込むことに

そしてさらに・・・・
ハイドレに1.5リットルの水を入れて、さらに500mlのペットボトル
落ちてしまったポーチを詰め込んだザックはパンパンで、背中を圧迫shock
徐々に背中が痛くなってきてかなりツラい!

痛いけどそのうち治まるだろうと期待しながら先に進みます
徐々に気温が上がって来て暑い!
塩山から来る道との合流地点にあるコンビニで休憩

このあたりから段々坂がキツくなってきます
それでもまだまだ走れる
道は最後のコンビニを過ぎ徐々に山の中へ
でも広瀬湖の手前になるともう走れない!

Dscf2309

前後のランナーも歩きです
途中の私設エイドが嬉しい!!

そんなこんなでかなりペースダウンしたものの広瀬湖に到着

Dscf2317

坂も一段落なので軽快に走ります

20110918d3c_2698

そしてCP1「広瀬湖湖畔」に到着

Dscf2319

区間距離 33.3km 所要時間 3時間53分
4時間を想定していたのでペース的にはバッチリ!

時間も10時なのでお腹がすいた〜
エイドでいっぱい頂いて満足!
ここで登山区間に備えてゲーターを装着
自宅に経過報告のメール
ちょっと長居しすぎたかな?
15分近く滞在しました

さて、いよいよ雁坂峠にアタックです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その5 CP1〜CP2

CP1のエイドを出発し、雁坂峠の登山口を目指します
湖畔を2キロほどなのですが、微妙なアップダウンがちょっといや道でした
やっと登山口の入り口到着

Dscf2321

しばらく進むと先日のマラニックで走った道になります
林道の坂道は所々歩きを入れながら山道の入り口に到着

Dscf2333

「マラニック」の時は道を塞いでいた倒木は人が通れるように切られていました
マラニックでは走った山道も今回は先が長いので基本的に歩き
沢を何カ所か渡りますので、コップですくって給水

Dscf2341

ここのところ雨が多かったから水量が多いですね
沢の水は人によってはお腹を下すようで要注意ですが、私はOK
なので登りはほとんどハイドレの水は消費せずでした

山道そのものは武甲山への登りよりは楽なのですが、なんせ30キロ以上走ってきた脚なのでゆっくりゆっくり

しばらくすると木がまばらとなり、熊笹の道になってきて高原らしい風景に

Dscf2359

そして振り返ると富士山!!

Dscf2357

富士山はいろんなところかいっぱい見てますが、今までで最高に感激した富士山の眺望でしたね!
ちょうどこのとき、軽快に登ってきた女性に抜かれ、二言三言会話
そしてちょっと追いかけましたが、どうしても追いつけない!
結局この女性、女性4位で入賞されました
(そして半年後再会、人の縁って不思議ですね)

そしてついに雁坂峠到着!!

Dscf2364

なんとも気持ちのいい風景です!!
もちろん富士山もバッチリ見えます

しばらくぼーっと風景を楽しみたかったのですが、居合わせたランナーと写真を撮り合ってCP2の雁坂小屋を目指します

5分程峠から下ってCP2の「雁坂小屋」到着

Dscf2369

区間距離 8.7km 所要時間 2時間20分
2時間30分を想定していたのでヘタレながらもしっかり登れました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その6 CP2〜CP3

雁坂小屋到着時刻は12時13分
お昼の時間です!

Dscf2372

カップラーメンが美味いこと美味いこと!!
他にもフルーツやおにぎり
マラニックの時同様、山道を荷揚げして用意していただいたんですよね
ありがとうございます!

さて下りです!
でもしばらくは下らずに巻き道を進んで所々登りがあるのは「マラニック」の時にわかってます
しかも結構危険な道!

Dscf2375

Dscf2382

足を滑らせたらそのまま数百メートル滑落しそうなところも
慎重に慎重に!

やがて走りやすいフカフカなトレイルになりますが、ランニングシューズだし、山を下って終わりじゃないのでかなり慎重に走ります
しかも道が斜面側に傾いている区間も長く走りにくい

結構この下り飽き飽きするぐらい長いんですよね〜
そして車道を走る車の音が聞こえて聞こえてホッとしますが、そこからが意外と長い!
やっと車道が見えてペースアップ

Dscf2389_2

ついに山道は終了!
車道に出ましたが暑い!!!
出て直ぐに気温の電光表示板がありますがなんと31度!!

Dscf2392

車道を少し走ると待望のCP3「大滝川又 扇屋山荘」到着!

区間距離 10.0km 所要時間 2時間06分
想定はかなり余裕をもって2時間30分でした

最大の難所、雁坂峠越えをクリアです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その7 CP3〜CP4

「川又」のお楽しみは舘山代表自ら腕を振るわれた「まことちゃんカレー」

Dscf2395

もちろんしっかりお替わりましたよ!

ここでゲーターを外し、靴下も履き替えさっぱりとしました
でもやっぱり長居し過ぎたかな〜20分ぐらいは居たかも

ちょこっと先の栃本への登りの分岐点にあるトイレでスッキリ!
「マラニック」の時は全く走れなかった栃本への旧道の登りですが、それなりに走れます
ただ無理してもしかたないので歩きを入れながら進みます

Dscf2398

のどかなで大好きな風景です

栃本関所後を過ぎ秩父湖への下り
んっ? なんか変!
特にどこかが痛いとかツラいとかは無いのに下りなのに歩きが入り始めます
どうも今考えるとここの登り、日差しを遮るものもなく、熱中症気味になっていたんだと思います(これが秩父辺りまで引きずります)

まあそれでも下りなので自然と足は前に進みので程なく秩父湖に到着

Dscf2402

「マラニック」のゴール地点の駐車場前にある個人商店でアイス!!
これで何とか行き帰って先を急ぎます

ここからの道、試走でも経験していますが歩道が無く、車とのすれ違いが怖い
カーブの先の車の気配に注意しながら走るのはやっぱり疲れます

そして次の休憩ポイントは「大滝温泉」
売店の脇に蛇口があって、頭から水をかぶりクールダウン!
ちょうど先行していたZoffyさんも休憩したいました

アイスの自販機もありましたがパス!

まだまだ歩道が無く走りにくい道は続きますが次のCPを目指します
CP3〜CP4は15.5キロ
ほぼ下りなので2時間!と思っていたのですがなかなか着かない
暑くてヘロヘロです

何とかCP4「大達原」に到着!

Dscf2406

区間距離 15.5km 所要時間 2時間04分
2時間を想定していたので4分超過

でもこのタイム、あとで冷静に考えてみたら川又エイドでの休憩時間約20分が含まれているんですよね
だから1時間40分で15キロ
2時間!2時間!って頭があったので一番暑い時間帯にオーバーペースになっていたようで、ここでかなり疲労を貯めたしまったようです
来年はこの区間の所要時間は余裕をもって考えた方がいいでしょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その8 CP4〜CP5

ハイドレに水を追加していたら試走にご一緒したハンドタオル王子さんと遭遇
峠越え区間で一旦抜かれたんですが、大体同じぐらいのペースのようです

時刻は16時30分頃
少し暑さも落ち着いて来たかな?
さて次のCPはついに秩父市内です
ですが距離は17.5キロと結構長い

まだまだ走りにくい道を慎重に走ります
そして斜度が落ち着いてきたのでしっかり意識しないとペースを維持できない

なんとか三峰口駅入口の交差点を通過
その先にお店を発見!
迷わず寄ってガリガリ君をゲット!

このあたりからはほぼ100%歩道があるので安心して走れます
そして前方に武甲山の勇姿が視界に入りやっと秩父に入ったな〜と安堵
「武州日野」駅のトイレに先行していたハンドタイル王子さんが寄っているのを見ましたが、私は大丈夫そうなのでパス!

次の「武州中川」駅の先の踏切で秩父鉄道を渡り、すぐに埼玉に入って初のコンビニ!
でもパスしてもうちょっとガンバリます

安曇幹線をくぐり、奥秩父変電所を過ぎる頃には辺りはかなり暗くなってきました
「浦山口」駅近くのコンビニで休憩
ここで本格的なナイトランに備えてヘットライド&点滅赤色灯を点灯

久しぶりに長い登り坂
そこをクリアすると秩父市街地までは真っ直ぐな道です
ただ歩道は狭くなって、暗い中、ライトをたよりに側溝の蓋の上を走るようになりちょっと走りにくく徐々にペースダウン

ついに歩き混じりにshock
それでも電信柱何本分!とか自分で決めて何とか先に進みます

信号待ちをしていると、止まった車から
「何してるんですか〜?」と声をかけられて
「甲府から峠越えて走って来たんですよ〜」と応えたら、しばら〜く反応が無し
さらに「どこまで行くんですか〜」と聞かれて
「川越まで!」
またしばら〜く反応無しcoldsweats02

この人は冗談を言っているのか?という目で車を発進して去っていきました
同じようなやり取りをこの区間3回ぐらいしたかな〜

やっぱり一般人にはちょっと理解し難い大会なんですね

そんなこんなですっかり暗くなったCP5「秩父・熊木商店」に到着!

区間距離 17.5km 所要時間 2時間23分
終盤歩きが入りましたが、3時間を想定していたので少し貯金ができました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その9 CP5〜CP6

ここCP5で累計距離は85km、残り58km
なんとな〜くゴールが見えてきました
ここからは本格的な夜間走行
レースもいよいよ後半戦です!

そして予定到着時刻20時のところを18時46分到着とまずまずの途中経過
疲労感はあるものの膝が痛いとかマメが出来たとかのトラブルはなし
ザックが当たって痛かった背中もそれほどヒドくない

しっかりと補給して二つ目の峠「正丸峠」に挑みます!
エイドを出てもう少しだけ国道140号を進み、上野町交差点を右折して国道299号に入ります
曲がって直ぐのコンビニでトイレ休憩
しばらく歩道の無い区間があるので慎重に進みます

道の駅「あしがくぼ」で小休止
出発しようとしたらハンドタオル王子さんも休憩に
やっぱりほぼ同じぐらいのペースです

この先はかなり暗い!ただ、幸いなことに歩道がしっかりしているので走りやすいです
正丸トンネルの手前の信号を右折
正丸峠に向かいます

この道は真っ暗!
見上げると木々の間に満天の星空が見えます
視線を落とすと先を走る(歩く)ランナーの赤色ランプが点滅しているのが見えます
それなりの斜度ですが意外と走れる
ただ、ずーっとは無理なので区間を区切って次のカーブまでとか次の電信柱までとかですが

そしてついにCP6「正丸峠 名栗元気プラザ先」に到着

区間距離 14.3km 所要時間 2時間29分
登りはほぼ歩きと考えて3時間を想定していたので、秩父CPでのエイド休憩を差し引くと意外な程いいペースです

| | コメント (0) | トラックバック (0)