« ゲーゲキ | トップページ | ねんねこ屋再開 »

2007年3月 4日 (日)

ショスタコーヴィチ交響曲第15番

15曲あるタコのシンフォニーの中でも異色な存在の15番
生でこの曲聴いたのは2回目で、全身で受け止めるショスタコサウンドの迫力はたまりませんね
今回の演奏は期待に違わず素晴らしかったのは確かですが・・・
やっぱりこの曲はどう理解したらいいのか、正直手が着けられません
難しいと言われるショスタコですが、実際に曲を聴くと自分の中でのイメージが生まれるのですが、この15番だけはいろんな要素が混在し交錯し、イメージとして構築できないのです
今日も最後の「チャカポコ」を聴きながら、やっぱり「???」
別に曲が駄作という意味ではないのですが、多分理解にはしばらくかかりそうです

オーケストラ・ダスビダーニャ」はショスタコ専門のアマオケです
年に1回2〜3月に行われる定期演奏会のみの活動というかなり変わったオケです
2000年に4番を聴きに行ってから毎年通ってますから、今回で7回目となります
最初に4番を聴いた時は衝撃的で、最後の音が消えてから拍手が起こるまでの静寂(30秒以上あった!?)が今でも思い出せます
さて、来年は何を聴かせてくれるのでしょうか、楽しみです

|

« ゲーゲキ | トップページ | ねんねこ屋再開 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/14133474

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ交響曲第15番:

« ゲーゲキ | トップページ | ねんねこ屋再開 »