« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月26日 (土)

ねんざ

左足首をねんざしてしまったようです
“ようです”というのも、いつ捻ったのかハッキリしないのです
確かに昨日帰りが遅くて、駅の階段を全速力で昇り降りしたから、もしかしたらその時に捻ったのかもしれないです(酔っぱらってたからあまり記憶無いけど・・・)
あしたはソフトの試合なのですが、スコア係に徹しようと思います

| | コメント (0)

2007年5月20日 (日)

はしかの流行

はしかの流行

はしかの流行がTV等で報道されていますが、昨日用事があって駒沢大学に行ったところ、入り口にこんな看板がありました
なんと2週間も全学休講だそうです

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

最後の羅針盤

6回シリーズで放送されていたNHKの土曜ドラマ「病院のちから〜星空ホスピタル」が昨日最終回でした
普段はテレビドラマなぞあまり観ないのですが、今回は欠かさず観ました
現実離れした設定や場面が多々目に付くのはドラマだからしかたないですが、結構見応えあるドラマでした
「地域医療を舞台にした医療ドラマ」という設定ではありますが、最終的には菊川怜演じる主人公の女医を中心に登場人物それぞれの“自分探し”とその“気付き”が主題のように感じました

もともとこのドラマ観ようと思ったのは熊木杏里が主題歌を担当するからだったのですが、観終わって改めてこの主題歌があまりにもドラマの主題にピッタリにできていることに感心しました
特に最終回、津川さん演じる院長からオペの執刀を託されるシーンから回想シーンにかけてバックで流されたのを聴いた時はじーんときてしまいました

最近の民放ドラマの主題歌は内容と無関係なものが多く採用されていますが、さすがNHK、そしてさすが杏里さんです

彼女の歌は決して力強い“歌唱”ではないですし、詩も言葉もメロディーもどちらかというと繊細な感じなのですが、映画「バッテリー」の主題歌「春の風」しかり
その歌には力強さを感じさせます
デビュー数年は“独白”的な歌がメインで、そんな彼女の歌が好きで聴き始めたんですが、最近ポジティブな歌に変わっていくのも楽しみに聴いています

最後の羅針盤、まだCD化の話がなく、ネット配信だけですが、iTunesStoreでフルバージョンが落とせます

iTunesStore 熊木杏里 最後の羅針盤

| | コメント (0)

2007年5月10日 (木)

朝日の誓い

新曲と言っていいのでしょうか?
明日放映されるドラマの主題歌「朝日の誓い」がiTunesStoreで今日からが配信なので早速落としてきました
今回は作曲が本人でないみたいですが、最近の彼女の曲らしく「前を見た詩」と落ち付いたメロディーでいいですね
最初、iTunesStoreで「熊木杏里」って検索したら、ヒットしませんでした
何故かこの曲だけ「熊木 杏里」で登録されていたんです
スペースが入ってたんですね

| | コメント (0)

2007年5月 8日 (火)

ハムスター

ほぼ普段通りに戻ったようです
食欲も旺盛で、ケージから出すとスゴいスピードでお気に入りの隠れがに向かって一目散です
ただ、やっぱり右後ろ足の動きがちょっと変ですけど、問題なく動き回ってます

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

大事件発生!

GWの真っただ中の我が家に大事件が発生
半年前から飼っているハムスターが大けがをしてしまいました
昨日の早朝、妻がいつものようにハムスターのケージを覗き込んだところ、何かの弾みで開いてしまったと思われるケージの扉の隙間に挟まれて身動きできないハムスターを発見
救出してみると、脇腹から鮮血を流してぐったりしていて、右後ろ足の動きもぎこちなく痛々しい姿でした
元気に走り回っている姿しかみたことなかったので、みんなかなりのショックで気が動転していました
それでも電話帳で祝日に診察をしててハムスターを診てくれる動物病院を探し出し、朝1番で連れて行きました
すでに何組か待っていましたが比較的すぐに診察に入って、まずは傷口の確認のために首根っこを摘まれ、カミソリで脇腹の毛を剃られました
あらわになったのは出血は止まったものの、ぱっくりと開いた5mm程の傷口が2本
小さい身体だから5mmといってもハムスターにとってはかなり大きな傷です
出血もどのぐらいの量になったでしょうか、先生からは出血によるショック状態だと宣告されました
とりあえず3針ほど縫合をし、10日後に抜糸することを伝えられましたが、そこまで持つかどうかわからない状況と言われました。
さすがに子供はかなりのショックだったようです
・・・・・・・・
やっぱり厳しいかな〜と半分思って帰宅
確かに呼吸が浅く、かなり辛そうな様子でした
日中はほとんど水も飲まず、エサも食べず
ところが夜になるとそれなりに動き出して、真夜中にはケージから出せ出せとケージのガタガタとさせるいつもの「出せ出せコール」を仕始めました
とりあえず危機的状況は脱したようで、家族みんな一安心
一日置いて今日はエサも普段通り食べ、右後ろ足の動きが少しだけぎこちないですが、ほぼいつもの調子に戻りました
傷口が痛々しいですが、時機毛が生え揃ってきて目立たなくなってくるでしょう

| | コメント (0)

2007年5月 6日 (日)

谷根千散策5

谷根千散策も終盤
最終目的地の夕やけだんだんに向かいます
その途中にあるのが前回の散策で見つけたお店「NOLA
エポキシ樹脂を使って猫や犬などの絵を描いた小物のお店ですNola
おすすめは小石!
なんの目的も無い小物ですが、描かれてある絵がなんとも可愛いです
猫や犬だけでなく、お地蔵さんや金魚などの絵もありました
そして値段は1g10円のはかり売り!!
子供の小遣いで買うのにちょうどいいです
散々悩んだあげく、猫を2つ、金魚とお地蔵さんを1つづつの計4こ買っていました
それでも値段は280円!
帰って早速机に並べていました

Img_5019

そして最終目的地「夕やけだんだん」に到着
ここも普段より人が多くて、猫は避難してたようで、2〜3匹の猫しかいませんでした
Img_5016 
最近テレビ等で紹介される機会も多いらしく、だんだんから続く谷中銀座はすごい人でした
特にメンチカツを売るお店には長蛇の列が出来ていました
後藤の飴」で自家製の飴を買って、懐かしい雰囲気の谷中銀座を眺めて、よみせ通りを通って西日暮里駅に到着
10時半にスタートして、ゴールは午後の4時でした

6時間弱、結構歩きましたが、既成のレジャーランドでは味わえない満足感を得られたGWのお散歩でした
こんどはもう少し人が少ない時期にゆっくりと散策したいと思います

| | コメント (0)

谷根千散策4

谷根千散策も後半戦
ギャラリー猫町から三崎坂に出て次なるスポットは猫物じゃなくカエルですKeronn
その名も「かえる屋ケロリン堂
思いっきり脱力キャラのカエル「ケロン」達のいろんな小物を売っている小さなお店です
いろいろと楽しいグッツがありましたが、長居をするとまた何か買っちゃいそうなので、今回は店先の大きなケロンのぬいぐるみと子供のツーショットを撮って退散しました
最近、「次の日ケロリ」というキャラがリラックマで有名なsan-xから売り出されていますが、そっくりだなぁ〜と思うのは私だけでしょうか?

そして三崎坂を登り切り、谷中霊園入り口を過ぎたところにある「谷中堂」へ
ここは招き猫のお店
前出のふくふく猫さんと比べお値段がリーズナブルです
「金運招き猫」と称して黄色い招き猫をいっぱい並べていましたが、その他にも楽しげな招き猫たちでいっぱいのお店でした(今回は購入パスですが・・・)

| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

谷根千散策3

結局ねんねこ屋には1時間以上滞在してしまいました
そして大混雑の三浦坂を登り、谷中散策の次のポイントに移動
へび道に向かうためにあかぢ坂を下る途中に「猫町カフェ29」というカフェを発見!
これは事前のチェックに無く、ねんねこ屋でお昼を済ませたばかりだったので、次回のお楽しみに取っておきました
あとで調べたらギャラリーも有ったみたいで、それだけでも覗けばとちょっと残念です
そして文字通りくねくね道の「へび道」を進み、次のポイントは「ギャラリーふくふく猫
もりわじんさんという方の創作招き猫のギャラリーで、ユーモラスな姿の招き猫がいっぱい展示されています
完成度が高い作品ばかりなので、さすがに結構なお値段ですが、眺めるだけで楽しいギャラリーです
次はそのすぐ裏の「ギャラリー猫町
2週間交代でいろんな作家さんの作品を展示しているギャラリーで、今回ははしもと美子さんの絵と横倉絹枝さんの切り絵を展示していました
どちらもご本人が展示室にいらっしゃって、直接に絵のお話を伺うことができました。
はしもとさんは「招きネコPARISで暮らす」と題してパリの街角の風景の中を招き猫が闊歩する楽しい絵を展示していました。ご本人がひと夏パリで暮らした時の日常を、猫の姿を借りて表現したそうで、ご本人にその様子伺いながら絵を見させていただきました。
Kirie

横倉さんはオールディーズポップスを題材に愛らしい猫たちの切り絵を展示していて、その絵柄のマグネットを何枚か買いました。
そして、毛糸を専用の針で刺して模様を描く「フェルティングニードル」の体験までさせていただいた上にコーヒーまでいただき、ずいぶんと長居をさせていただきました。

| | コメント (0)

谷根千散策2

お化け階段を後にして、今回1番の目的地「ねんねこ屋」に向かいました
Dsc_3410
私と子供は前に行きましたが、連れは初めてで、ずーっと楽しみにしていました
いつもはまったり猫時間のねんねこ屋もさすがにGWは大混雑
それでも開店間際を狙ったのが功を奏して、奥座敷で「にゃんカレー」をいただくことができました

Dsc_3409_1

カレーで思い思いの猫の顔を描いてからいただくのが ルール
三人三様の顔が出来上がっていただきますです
そして、このカレー皿そのものも実は猫の形をしています
しかもお店で売ってます
ということで、連れは悩んで悩んだ末にこの猫型カレー皿を買ってしまいました(^-^ )

Tsh

わたしも2階でやっていた松下カツミさんのTシャツ展を眺めてて、1枚衝動買いしてしまいましたけどね

肝心のフレックス出勤制のねこ店員達ですが、あまりの人の多さに開店直後に退社してしまい、残念ながらちょっとだけしか姿を見せてくれませんでした

| | コメント (0)

谷根千散策1

今年のGWは天気に恵まれ、どこも人出がすごいようです
かく言う我が家も初夏の陽気の中、谷根千散策に出かけました
私だけはこれで3回目ですが、家族揃っては初めて
いろいろと面白いスポットに案内できて大満足の1日でした
スタートは南北線の「東大前」駅
Dsc_3391_1
通常千代田線の根津駅をスタート点にするのですが、利用する路線によっては南北線側から入るのも悪くないようです

そこからS坂を下って最初の目的地の根津神社へ
ちょっと盛りは過ぎましたが、満開のツツジが見事でした

次の目的地は「お化け階段」Dsc_3406_1
人にあふれていた根津神社から一本裏道に入っただけなのですが、ここを目指して来る人はかなり珍しいらしく、結局誰にも逢いませんでした
そんな都会のミステリースポット的な場所で、なんでも昇りと下りの段数が違うということで「お化け階段」と呼ばれているらしいです
当然確認しましたよ、みんなで
まずは登り
1、2、3・・・39段でした
で、下りは1、2、3・・・・
37、38、39!
あれれ結果は同じでした
この階段、段ごとに結構高さがバラバラで、数え間違えてしまうのでそんな伝説があるんだと思いますが、最後はなぜかドキドキしながら数えました
でも、薄暗くなってから行くともしかしたら40段になってるかもしれませんね

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »