« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

読み終わりました!

41v73jigkjl_ss500_最近の宴会続きで予定よりちょっと時間がかかりましたけれど、今日の帰りの電車で最終巻読み切りました!
最後のシーンには電車の中だというのに感無量で不覚にもぼろぼろcrying状態
花粉症の季節が終わりに近いから、隠すのに一苦労でしたcoldsweats01
児童文学として紹介されるのは勿体ないですよ!
一方、NHKのドラマも第3回まで進みましたが、どうも主人公の巧のイメージが個人的にはしっくりこないです
映画版の子の方がイメージ的にはいいかなと思いますが、個人の主観かな?
特に原作の後半“姫さん”とあだ名付けされるイメージとはちょっと違うような・・・
まあ、確かに端正な顔立ちのイケメンですけどね
原作に一番ピッタリなのがオトムライ役の千原ジュニア
あのエラの張った人相がそのままの雰囲気でばっちりです

そして・・・・

ぜんぜん視点の違うことですが、巧に憧れるクラスメイトの矢島繭役の女の子が、ウチの娘そっくりですcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

バッテリー

51mpar8xytl_ss500_木曜の帰りから読み始めたのが、あさのあつこの「バッテリー」
去年の春に映画化もされ、その時点で興味は持っていたのですが、 ちょうどNHKでドラマ化されたので古本屋さんから買い込んできました
児童文学のカテゴリーで紹介される作品ですが、そんな分類なんて無意味に思えます
ぐいぐいとストーリーの中に引き込まれていくスゴい作品です
全6巻の長編ですが、結局1日1巻づつ、今日で4巻目に突入です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅ネコ

20080420161615

少しずつ暖かくなってきて、ノラたちも過ごしやすなってきたのではないでしょうか?
駅前のロータリーにいる馴染みのネコたちものんびりと日曜の午後を過ごしていました
それにしても警戒心なさ過ぎですcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

スウェーデン大使館

20080419173319今日は仕事関係のセミナーに参加して来ました
会場はなんとスウェーデン大使館!!
休憩時間にはケーキも用意され、さらにはクッキーのお土産つきですsmile
で、肝心の内容は・・・・
同時通訳での講演が約2時間
結構面白い内容でしたよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不良おやじ

不良おやじ
2時49分
遅めの昼食・・・・
ではありませんhappy02
明るくなるまでに帰り着けるでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

日曜日の夕刊

61zqsh54dgl_sl500_aa240_昨日今日で読んだのが重松清の短編集「日曜日の夕刊」
もともとサンデー毎日に連載されていたものです
私は全く週刊誌を見ませんが、たぶん僕ぐらいが読者層なのでしょう
さまざまな家族の風景を描いた小説群
どの小説も家族との関わりのあり方についてさり気なく語りかけて来ます
小中学生の子供を持つ40歳前後のお父さんにピッタリの小説たちです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

正解

さて、先日の問題の答えは
(エ)ほとんど真上に見える
です
月は常に地球に同じ面を見せて地球の周りを約1ヶ月で回っています
月面に立って地球を見ている状況を考えると、地球はある一点から動きません
さらに月の裏側では地球を見ることは多分太古の昔からずっと未来まで不可能なのです
月面では「地球の出」や「地球の入」はありません
「かぐや」からの画像で満地球が昇って来ているのは、「かぐや」が月の上空を周回しているからです
ニュースではその辺の解説がほとんどないですので、月面では「地球の出」や「地球の入」があんなふうに見えるのかなと、かなり誤解されて伝わってしまったのではないでしょうか?

月面を舞台にしたSFはいろいろとありますが、一番好きなのがクラークの「渇きの海」

その解説に“月SF3原則”というのが挙げられています
1、月に大気は無い
2、月表面での重力は地球の約6分の1
3、月の自転と公転の周期は一致している
この3原則がどう上手く表現され、そしてどのようにストーリーに絡んでくるか
これが月を舞台にしたSFの醍醐味だと思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

満地球の出

最近、月の周回軌道にある「かぐや」からの映像がテレビニュースや新聞で紹介される機会がよくありますね
数日毎に話題になっていたのが満月ならぬ「満地球」
満地球が地平線(月平線?)から昇る姿は非常に美しい映像です

Hdtv_006_6_l

さて、この映像をふまえて、次の問題を考えてみて下さい

日本時間の夜12時に、月面上のある地点から地球が真上に見えました。3時間経過後、地球はどの位置に見えますか。
次の(ア)〜(オ)の中から正しいものを選び、記号で答えなさい。
(ア)真上から約15度傾(かたむ)いた位置に見える。
(イ)真上から約30度傾いた位置に見える。
(ウ)真上から約45度傾いた位置に見える。
(エ)ほとんど真上に見える。
(オ)見えなくなる(90度以上動く)。

答えは後日に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

単位

21daae8641l_sl500_aa140_今読んでるのが「単位物語」
私たちが今何気なく使っている単位の変遷と成り立ちが、ショートショートを織り交ぜながら紹介されています
今では時間以外はほとんど10進法が常識的ですが、4進法や12進法、果ては22進法でできてる単位もあった(いまもある)ようで意外です
でも多分本来の単位の成り立ちは、論理的なものではなく感覚的なものだったのではないかと読んでいて思いました
長さにしても元々は手の長さや足の長さが基準ですから、考えように寄っては地球の大きさから逆算されたメートルよりもしっくりするのかもしれませんね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

次の本

512rkrwadcl_sl500_aa240_昨日の往復と今日の出勤で読み終えたのが 森 絵都 の「アーモンド入りチョコレートのワルツ」

内容(「BOOK」データベースより)
ピアノ教室に突然現れた奇妙なフランス人のおじさんをめぐる表題作の他、少年たちだけで過ごす海辺の別荘でのひと夏を封じ込めた「子供は眠る」、行事を抜け出して潜り込んだ旧校舎で偶然出会った不眠症の少年と虚言癖のある少女との淡い恋を綴った「彼女のアリア」。シューマン、バッハ、そしてサティ。誰もが胸の奥に隠しもつ、やさしい心をきゅんとさせる三つの物語を、ピアノの調べに乗せておくるとっておきの短編集。 

これもお勧めです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れ物・・・

職場にiPodTouchを職場に忘れてしまったようですcoldsweats02
着替えるときに白衣から出した記憶があるので、たぶんロッカーの上にでも置き忘れたんだとおもいますが、確証がないのでちょっと不安です
しかも明日休みで職場に行かないのですbearing
最近、電車の中では本を読んでるので、ほとんどiPodTouchを出さないので、帰宅して初めて気付きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

その前に読んでた本

419hzqbtell_sl500_aa240_ 「楽隊のうさぎ」の前に読んでいたのが「博士の愛した数式」
映画にもなったベストセラーです
ケガによって80分しか記憶が持たなくなってしまった数学者とその世話をする家政婦そしてその子供
数学を軸にしてふれあう3人の物語で、なによりこの老数学者の純粋な数学への愛が素敵です
それに惹かれる“私”と子供
10までの整数を足したら幾つになるか?
博士が“三角数”という概念で説明するシーンが感激ものです
そして「オイラーの公式」
一見なんの関係も無さそうな虚数i、自然対数の底e、そして円周率π
その織りなす神秘には呆然と立ち尽くすしかない感覚を持ちました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

楽隊のうさぎ

51vz28v0ayl_sl500_aa240_ 今日読み終わった本、中沢けいの「楽隊のうさぎ」
金曜からなので、実質通勤2日間で一気に読んじゃいました
いやー面白かったhappy01
ブラスバンドに入部したどちらかというと引っ込み思案の中学生の男の子が徐々に成長していく姿を描いています
彼の担当パートはパーカッション
最後、ティンパニーをまかされます
全国大会の舞台上での描写がわくわく、ぞくぞくしてたまらなかったです

題名の「うさぎ」ですが、“自分の心に隠れた本当の気持ち”みたいな象徴なのでしょうか?
実際に話の中で公園の草むらに隠れたうさぎが登場します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

コンサート

Panf

ちょっと遅くなりましたが、先週水曜に熊木杏里のコンサートに行ってきました
会場はこの春出来たばかりの赤坂BLITZ
ソロライブはこれで4回目の参加になります

「ひみつ」からしっとりとした雰囲気でライブはスタート
今回の1番は何と言ってもギター弾き語りによる「長い話」

♪17歳の頃は・・・って始まる自伝的な曲

本来は22歳で終わる歌詞ですが、今回は現在の26歳を加えた特別バージョン!!

 26になった今は、過去の自分さえ
 笑ってやれるくらい素直でいられる
 一人と思うことが少なくなってきた
 人が好きでなんだか悲しくはない
 なぜ生きてるの、そう問うこともある
 でも今日の中で何かでありたい
 今日の中で何かでありたい

ギターの腕前はお世辞にも上手いとは言えませんが、逆に素直な彼女の気持ちがすごく伝わってきてゾクゾクするぐらいでした

そして、中島みゆきの「空と君とのあいだに」
声質がこの曲にあまりにピッタリ
シンガーソングライターの大先輩である中島みゆきの曲を舞台で歌うというのは、彼女にも特別な思いを抱かせる経験になったんじゃないかと思います

後半は「りっしんべん」から「新春白書」、「ムーンスター」、「流星」とアップテンポな曲が続き、今までになく盛り上がって本編は終了

アンコールで披露された新曲「春隣」がいいです!!
すでに損保のCMで流れていますが5月21日に発売予定とのこと
「誕生日」って新曲も披露してましたが、これはカップリングに入るのかしら?
前回のライブで歌った「始まり」って曲はどうなるの?
今から発売が楽しみです

あっという間の2時間
どんどん成長していく姿をこれからも見ていきたいです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

お花見

今日はスゴい風が吹き荒れる天気でしたtyphoon
でも、我が家はお花見日和!?

続きを読む "お花見"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »