« 日本語サクサク | トップページ | クッキングパパ »

2008年9月 3日 (水)

久しぶりのハードSF

ここのところSFを読んでなかったですが、久しぶりに手にしたのが、野尻抱介の短編集「沈黙のフライバイ」


近未来(というか希望的に見ればすでに実現の域)の宇宙開発を描いたハードSFです
表題作の「沈黙のフライバイ」はいわゆる“ファーストコンタクト”もの
でも、宇宙人も宇宙船も登場しません
登場するのは光速の13%で10.3光年離れた母星から打ち出された無数の微小探査機群とその恒星間測位システム
現実のファーストコンタクトもこんな感じなんじゃと思えるほど現実味のある短編SFです

ただ・・・
最後の1ページがぞくっとします
それは読んだひとだけの楽しみです

|

« 日本語サクサク | トップページ | クッキングパパ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/42371151

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのハードSF:

« 日本語サクサク | トップページ | クッキングパパ »