« なんと‼ | トップページ | トレーニング再開 そして次へ »

2009年11月23日 (月)

つくばマラソンの結果解析

今のところ筋肉痛はそんなでもないですhappy01
でも、先日のクロカンの後は2日後にピークが来たから油断できないですけどねhappy02

さて、1キロごとのラップタイムをグラフにてレースを振り返ってみます

20091123_102106_3

  • スタート前・・・寒さに耐えて

自己申告した予想タイム順にゼッケン番号が割り振られていて、スタート位置は番号ごとのブロックが指定されていました

3時間50分で申請した私はほぼ真ん中あたり

天気予報では雨の降り出しは午後になっていたのに、無情にも冷たい冷たい雨がぽつぽつとrain

スタート9時30分ですが、今までの経験上約30分前にスタート地点に移動したので、30分間はひたすら寒さに耐える時間でした

  • スタート・・・4分のロス

スターターは自身もマラソンを走っている参議院議員の丸山弁護士でしたが・・・
なんせ人数が多くて、マイクを通した声を聞いただけwobbly

いきなり3秒前からカウントダウンが始まって号砲
でも、人数が多くて全く進みませんhappy02

2〜300メートルをトコトコと歩いて、スタート地点を過ぎたのときはすでに4分経過
まあ、荒川市民マラソンのときは約20分かかりましたから大規模大会では仕方ないですね

  • 〜5キロ地点・・・渋滞

走り出したものの、周りの人にぶつからないように走るのがやっとの渋滞状態でつくば大学のキャンパス内を走ります
並木の紅葉がきれいでしたmaple

が、人が多いのと、路面に段差があったり、センターラインに埋め込み型の反射板があったりで、ほとんど足下を見ての走行です

なのでペースはキロ5分半程度とゆっくりペース
でも、結局この抑制されたペースが後半に活きたんでしょうねcoldsweats01

  • 〜15キロ地点・・・大通りへ

混雑が予想される5キロの給水は予定通りスルーdash
雨も上がり、風もほぼ無風状態でなので、温まってきた体ではこの低気温はかえって走りやすい気象条件でした

大通りに出て、少し渋滞も緩和されましたが、ここが我慢のしどころですbearing
キロ5分20秒前後で抑えていきます
快調ですgood

ただ、ちょっと問題が・・・coldsweats02

寒いと尿意を催すのが早いんですよねtyphoon
スタート地点に移動する前にちゃんと済ましていたのですが、スタート時には実はもう尿意を感じていました
もう一度トイレに行くには時間がないので、走り出しましたが、そろそろ限界

事情は他の人も同じようで、次から次ぎへと沿道の草陰に向かう男子が・・・

そう、軽犯罪法違反の”立ちション”shock

切羽詰まった事情はわかりますが、でもやっぱり、女性ランナーは我慢しているわけだし、なにより沿道で応援されている方に失礼ですよねangry
子供も見ているし
ただでさえ、一般道を占拠してして走らせていただいているのに、マラソン大会だからって許される行為じゃないです
もっともコース途中の仮設トイレが極端に少なかったのは主催者側の問題ですがdown

なので、私は我慢しましたよhappy02
14〜15キロでのタイムがガクンと落ちているのがトイレ待ちのロスタイムです
時間にしてみれば1分半ぐらいですが、これでスッキリです

  • 〜30キロ地点・・・我慢我慢

膀胱も空になって身軽になったのですが、ここでペースを上げちゃダメthink
やっぱり我慢です

そうは言っても、周囲に合わせてキロ5分10秒ペースに少しだけペースアップ
それでもイーブンペースを維持するのに徹していきます

一部キロ表示の間隔が変なところがあったようで戸惑う場面がありましたが、どうも自分の体の方が正確だったようです

  • 30キロ地点〜・・・そろそろギアチェンジ

今回は後半にダレないようにペース管理することが最大の目標です
だから30キロまではどんなに調子が良くても我慢して抑えていくつもりでした

そして、いよいよ30キロ時点
自分でもビックリするぐらい楽々と前に進めています

キロ10秒ほど想定したペースより早いので、どうなるかなと途中心配しましたが、膝も大腿の筋肉も問題無し、呼吸は楽々wink

というわけでキロ4分台にペースアップですupwardright

30キロを過ぎるとほとんどの人がペースダウンしてくる中でのペースアップですから、グングンと前に出る感じで気持ちいいこと気持ちいいことrun

31キロのエイドでいただいたお汁粉も活力源となって、快調に終盤戦に突入です

  • 35キロ地点〜・・・壁を越えて!!

そのままイーブンペースでサブ4を確実に取るか、もしかしたら崩れるかもしれないけれど力を出し切ってゴールをするか悩みましたが・・・

結局、挑戦する方を選びましたpunch

ハーフ時の巡航スピードであるキロ4分30秒ペースにさらにペースアップですup

そういえば“35キロの壁”って言われていますが、今回は壁を逆に足がかりにしたような感じでした

前から落ちてくるランナーをどんどんと抜いていきますrun
そして、抜いていく人はほとんどいませんhappy02

もともと運動は苦手ですから、こんな経験は初めて
ゾクゾクとして鳥肌が立つ思いです

そんななか、ほぼ並走する感じの男性がいて、抜きつ抜かれつを繰り返しながらお互い相互にペースメーカーとなっていたようです

  • 40キロ地点〜・・・無我夢中

さすがにキツいですsweat01

視界はぼんやりしてきて、人にぶつからないようにするのと路面の凹凸に足を取られないようにするのにだけ神経を集中

大学構内のアップダウンが若干ペースダウンにつながりましたが、崩れずに競技場のトラックに突入ですimpact

  • トラック・・・全力疾走!!

400mトラックを3/4周ですから約300m
よくここでここまでペースアップできるものです

でもゴール地点の時計を見ると確実に3時間40分を切れそうで、ちょっと気を抜いた瞬間
並走してきた男性の方が後ろから抜かしてきて先に出ました
あっと、と思いましたがさすがに再加速できず・・・

  • ゴール!!

正式タイム3時間39分45秒
ネットタイム3時間35分38秒

信じられない好記録でのゴールで、しばし放心状態gawk

さすがに足はガクガクでしたが、膝、足首、股関節等、関節部の痛みはなし、筋肉や筋の痛みも無しgood

呼吸の方も更衣室にたどり着く頃には落ち着き、高揚感だけが残りましたsun

歩いている途中、最後に競り合った男性から声をかけられ、彼も同じように私をラスト数キロのペースメーカーとして使ったとのことで、お互いの健闘を称え合いましたhappy01

今回の42.195キロはタイム以上にすごく短く感じましたsandclock

全体的な感想とかはまた別途書きます

|

« なんと‼ | トップページ | トレーニング再開 そして次へ »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/46836654

この記事へのトラックバック一覧です: つくばマラソンの結果解析:

« なんと‼ | トップページ | トレーニング再開 そして次へ »