« 再び奥武蔵へ | トップページ | 雨の境目 »

2010年8月17日 (火)

奥武蔵ウルトラマラソン完走記9 30キロ〜35キロ地点

顔振峠を過ぎてしばらくするとこんな標識が

Img_0005

いままでも十分な急勾配だったのに改めて言わなくても〜cryingって感じの意地悪な看板ですね

確かにキツいです

Dscf1037

残念ながら写真だと勾配の感じが伝わらないです

勾配そのものなら他の区間でも似たような区間もあるのですが、珍しくまっすぐな道なので延々と続く登り坂のように感じられて、精神的にキツかったです

ただ、ここを乗り切ればあとの坂はさほどキツくないのがわかっています

スピードは上げなくてもいいですから確実に前に進むことだけを考えて進みましたpunch

そして何より救いなのが、エイド間隔が極端に短い!!

意外にあっさりと「見晴台AS」に到着

Dscf1038

累計距離32.2キロ、エイド区間距離はなんと2.3キロ!!

Dscf1039

水分、給食、かぶり水
さらにはこんな大団扇で扇いでもらって、元気を注入good

このあたりで標高は600mを超えました

当然、麓よりも気温が低いです
しかもエイドごとに水をかぶって、バンダナに氷を入れてしっかりと体温上昇を抑えているので暑さはあまり感じませんでした

そのかぶり水ですが、一つだけ問題が・・・

かけてもらうときにどうしてもシューズにかかってしまうんですよね

即乾性のソックスを履いているのにシューズの中はぐしょぐしょですcoldsweats02
走りそのものには大きな影響はないのですが、あまり気持ちよくはないですshock

マメを誘発をしなければいいのですが・・・・

それでも坂が穏やかになったこともあって若干ペースアップ

Dscf1040

木漏れ日の中、気持ちのいいロードが続きます

そして迎えた「高山AS」

累計距離34.5キロ、エイド区間距離はここも2.3キロ!!

Dscf1042

こんなちっちゃな子が給水のお手伝いhappy01

水をかけてくれるのも、大きすぎる大会Tシャツを着た姿がなんともカワイい女の子です

Dscf1044

なんともほのぼのとしたエイドステーションだったので、ついつい長居coldsweats01

コップに入った「冷や奴」も美味しかったですよ

Dscf1043

そしてここではスペシャルドリンクを預けられます

往路のスペシャルドリンクとしてチョイスしたのがこれ

Sportsdiary_ybnvspwasp

ベスパのゼリー飲料

りんご1個分のストレート果汁にスズメバチ抽出液を配合

なんたってスズメバチ!!
効きそうでしょ〜

それに中盤用のウィグライプロを3包

Cwc1_s02jpg20100705

今回は基本的に10キロに1包飲みました
気のせいじゃなくて、本当にこれ効きますよ

翌日に筋肉痛が全く出なかったのはこれのお陰ではないかと思います

さて、なごり惜しいところですが、再度水をかぶって出発しようしたら・・・

『折り返しの選手が来ま〜す!!』

正直、えっ!?って思いました
だってまだ中間地点すら過ぎてないんですよ、私はhappy02

ここ高山ASは往路では34.5キロ地点、復路では58.3キロ地点
トップ選手との距離はなんと24キロhappy02

なんて考えていたら信じられないスピードでトップ選手が目の前を通過

Dscf1045

No.806のこの方がそのままトップでゴールされたようで、そのタイムは5時間46分6秒!!

スゴい!の一言です

ランニングの面白いとこは、こんなトップ選手と同時に同じ大会を楽しむことができることです
他のスポーツでは考えられないんじゃないかな?

その後もちらほらと帰ってくる選手とすれ違いながら、自分は自分のゴールを目指します

そして迎えた35キロ地点

Dscf1046

累計時間4時間32分、区間タイム45分

そろそろ歩き出す人もいますが、少しずつペースを上げて無事通過です

|

« 再び奥武蔵へ | トップページ | 雨の境目 »

奥武蔵ウルトラマラソン完走記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/49166870

この記事へのトラックバック一覧です: 奥武蔵ウルトラマラソン完走記9 30キロ〜35キロ地点:

« 再び奥武蔵へ | トップページ | 雨の境目 »