« 奥武蔵ウルトラマラソン完走記8 25キロ〜30キロ地点 | トップページ | 奥武蔵ウルトラマラソン完走記9 30キロ〜35キロ地点 »

2010年8月15日 (日)

再び奥武蔵へ

2週間ぶりですhappy01

Img_0053

鎌北湖からスタートして顔振峠を目指しスタートrun

本番の疲労は2日程で解消したのですが、その後いろいろとあって全く走れませんでしたweep
だから走りたくて、正直我慢の限界bomb

と同時に、走力、筋力が落ちてないかちょっと心配でもありました

Img_0054

路面にはまだ距離表示が残っていました

当日のことを思い出しながら走ります

最初は用心して走りましたが、走力は落ちていないようなので、本番では歩いてしまった区間もしっかりと走りましたpunch

折り返しは顔振峠の先にある「織姫岩」です

Img_0057

そう、先日書きました会田順子さんの追悼碑がある場所です

Img_0058

いろいろと調べてみたら、会田順子さんはこの大会にも何回も参加され、この奥武蔵のコースをこよなく愛していたウルトラランナーとのこと
残念なことに、2000年8月に「トランスエゾ ジャーニーラン」というウルトラマラソンの最中に事故に遭われて亡くなられたのだそうです

「織姫」とは、会田さんのメーリングリストでのハンドルネームで、会田さんを偲んで建てたのがこの追悼碑

後ろにある大きな岩を「織姫岩」と呼ぶらしいです

 〜走れる幸せを感謝します〜

改めて碑文を読むと感慨深いです

ちなみに「トランスエゾ ジャーニーラン」
宗谷岬と襟裳岬と往復する1110キロ!!を走る大会です

http://www.ne.jp/asahi/no-miso/jrc/trans-yezo/2010/report1.html

しかも昨日14日がゴールだったようですcoldsweats02


小休止の後手を合わせて、帰路へ

帰りは顔振峠から下りっぱなしではなく、2区間登りがあります

最後の登りの手前がここ

Img_0056

「ユガテAS」が設営されていたカーブです

今日はしっかり走って登りました!

Img_0061_2

70キロ地点が一番キツい登りですが快調ですgood

いつもどおり「北向地蔵」に挨拶をして約3時間でワークアウト

このコース、アップダウンはキツいけど、走ると気持ちいいですねsmile

河川敷で3時間走ったらウンザリしますが、距離も時間もまったく負担に感じません

しかも山中なので、この酷暑でもあっても比較的涼しいconfident

車で帰る途中には日帰り温泉があり、10時までは500円で入れて、280円で朝食が頂けますdelicious

大会とは関係なく、通年、トレーニングコースとしてベストコースです!

 

|

« 奥武蔵ウルトラマラソン完走記8 25キロ〜30キロ地点 | トップページ | 奥武蔵ウルトラマラソン完走記9 30キロ〜35キロ地点 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/49153789

この記事へのトラックバック一覧です: 再び奥武蔵へ:

« 奥武蔵ウルトラマラソン完走記8 25キロ〜30キロ地点 | トップページ | 奥武蔵ウルトラマラソン完走記9 30キロ〜35キロ地点 »