« 明石海峡大橋 | トップページ | 奥武蔵ウルトラマラソン完走記7 20キロ〜25キロ地点 »

2010年8月10日 (火)

奥武蔵ウルトラ 番外編

完走記は中断していますが、一つだけどうしても書いておきたいことがあります

今回77キロのコースで一番気持ちよく感じた区間は復路で刈場坂峠を過ぎたところにある緑のトンネルです

Dscf1070

50キロを超えて、余程のアクシデントが無いかぎり完走できそうだと確信

軽い下りのこの緑のトンネルに入った時、ゴール時以上の充実感で満たされました

そして、こうして走れることへの喜びをすごく感じました

その後、基本的には下り基調なのですが、相変わらずのアップダウン

60.6キロ地点の見晴台ASで一息ついてしばらく下った傘杉峠の手前で、往路では気が付かなかった石碑が道端にあるのを見つけました

Dscf1082

石碑には

懐かしい友人との再会を喜びあう奥武蔵 
私は刈場坂峠付近が一番好き
涼しい緑の木陰のトンネル
見上げると青い空が近い
走れる幸せを感謝します

2000年8月 今田 順子
奥武蔵ウルトラマラソンNo.81
ジャーニーランNo.76

多分、今田さんっていうウルトラランナーの追悼碑だと思いますが、それ以上情報はわかりません(補足追加記事あり 「再び奥武蔵へ」

今、自分が走れることに感謝しながら、ゆっくりと手を合わせてコースに戻り走りだしましたが、10年前にこの同じコースを同じような思いで走られていた面識もまったく無いランナーと気持ちが繋がったようで、強く感激しました。

走ることって何なのかな〜って、長距離になればなるほど考えるます

多分、自分自身の”生”への感謝、そして、その”生”支えていてくれるあらゆる他の“生”への感謝なんじゃないかなって、今回のウルトラを走って思いました

|

« 明石海峡大橋 | トップページ | 奥武蔵ウルトラマラソン完走記7 20キロ〜25キロ地点 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/49115504

この記事へのトラックバック一覧です: 奥武蔵ウルトラ 番外編:

« 明石海峡大橋 | トップページ | 奥武蔵ウルトラマラソン完走記7 20キロ〜25キロ地点 »