« 完走報告! | トップページ | 皇居の紅葉 »

2010年11月14日 (日)

「伊豆ヶ岳を越える道」トレイルラン

やっぱり、ちょっと膝が痛いですねweep
そんな重症ではないですが・・・・

Dscf1154_2

スタートは正丸駅の脇から階段を下ったトンネル
去年は結構前の方に並んだのですが、今回は控えめに後ろの方ですcoldsweats01

Dscf1157_3

トンネル内に進んだらいきなりの号砲wobbly
まずはロードの登りがしばらく続きます
去年はいきなり突っ込んだのですが、今回はかなりゆっくり入ります

しばらくすると山道になり、そこからはほぼ歩きでの登りです
歩きとはいえ、結構キツいbearing

なんとか凌ぐと、いったんロードに出ます

Dscf1159

でも慎重に慎重に足を進めます

そして正丸峠のエイド到着は27分
水を一杯だけもらって伊豆ヶ岳に向けての本格的な山道に入ります

ここから「子の権現」までの山道はまさにジェットコースター!!
登って下って登って下っての縦走路です

標高853mの最高地点「伊豆ヶ岳」到着はスタート後約50分

Dscf1166

ハイキングでの標準時間が1時間50分ですから、歩きまじりとはいえ走るとやっぱり早いですねsmile

この時点では心配だった膝はノートラブルgood
ただ、まだまだ先が長いので登りは基本歩き!

Dscf1169

ほとんど崖のような走路もあり、恐る恐る下るところもありますが、たまにあるフラットな走路は落ち葉がフカフカで気持ちいいですwink

天目指峠到着は約1時間30分
Dscf1172

今回のコースが山中ですが、さすがスポーツエイドジャパンさんの主催大会、エイドは充実
柑橘系のフルーツ「スウィーティー」が酸っぱくて美味しかったですよwink
特に伊豆ヶ岳頂上直下のエイドは車での運搬ができませんから、その労力に本当に感謝です

ここからもう一山越えるのですが、膝がそれほど問題じゃなさそうなので、スイッチオンです!

登りも走ります!
下りも抑制なしで下ります!
トレイルは下りの疾走感がたまらないですねhappy02

そしていよいよ「子の権現」は約1時間50分

Dscf1173

ここからはロードです
しかもかなり傾斜のきつい下り坂

この大会、トレイルランと言いながらここからのロードが長い!
ここまでどれだけ脚を残せるかもポイント

今回、前半かなり抑えていますのでガンガンと行かせてもらいましたbleah
ここからは何人抜いたかな〜
逆に誰かに抜かれた記憶はないですscissors

国道299号に出ると残り1.4キロは登り
前回同様ここがかなりツライところですが、しっかり走って再び正丸駅に戻ってゴールです!

距離が短いとはいえ、久しぶりに切るゴールテープはやっぱり感動ですhappy01

正式タイムは2時間18分53秒、年代別で50位なので真ん中ぐらいかな?

そしてお楽しみの給食noodle
Dscf1174

「小豆ごはん」にきな粉をたっぷりかけて、しっかりタンパク質と炭水化物の補給
そして豚汁と甘酒
やっぱり美味しい!

みんな地べたに座って、後続のランナーのゴールに声援を送りながら食べています
こういう温かい雰囲気がスポーツエイドジャパン主催の大会の特徴
大規模大会では味わうことができない幸せな時間です

さて、おなかも満たしたところで、去年と同じく「あじさい館」へ

コースを戻る感じになるので、すれ違うランナーに声援を送りながら走り出しましたが、徐々に右膝に痛みがcrying出てきたので半分歩きで到着

お風呂に入ったあとで祝杯です!!

Img_0183

とりあえず何とか復帰戦を走れましたが、やっぱり右膝に少し痛みが出ますねweep
ただ、筋力そのものはそんなに落ちてないみたいでその点は少しホッとしました

2週間後は地元川越のハーフ「小江戸川越マラソン」です
知り合いがいっぱい観てるので、颯爽と走り抜けたいところですが、どうなるでしょうか

|

« 完走報告! | トップページ | 皇居の紅葉 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/50029447

この記事へのトラックバック一覧です: 「伊豆ヶ岳を越える道」トレイルラン:

« 完走報告! | トップページ | 皇居の紅葉 »