« 解禁 | トップページ | ボランティアスタッフの苦労 »

2010年11月21日 (日)

小江戸川越マラソンまで1週間

記念すべき第1回大会ですから、成功裏に終わることを願ってやまないところですが・・・

交通規制の状況を見るとかなり凄い状況bearing

1

市内はほぼ半日車の通行ができませんshock

1万人規模の大会となるようなので、運営がどこまでしっかりできるかちょっと心配なところはあります
当然うちの自治会にもスタッフ割当が下りてきていて、今晩その打ち合わせがあります

私は走る方なので、今日はその打合せ会の買い出し要員です

参加者の目からいくつか心配な点を以下に書きます

  • 最寄り駅は”無人駅”

最寄り駅は川越線の「西川越」
この駅、なんと”無人駅”
しかも単線で20分に1本、4両編成!!

信じられないぐらいローカルな路線です

  • 送迎バスは1キロ先?

そんな状況なので多分大方の人が川越駅、川越市駅からの送迎バスを利用すると思いますが、なんと会場の1キロ手前で降ろされちゃいますwobbly

交通規制の関係だと思いますが、会場まで15分歩かないといけませんbearing

そして9時にハーフスタートなのに最終バスは7時半
その後10キロは9時半過ぎスタートなので、会場に入ってからかなり待たされる感じです

  • 高くて遠い駐車場

駐車場も用意されていますが、会場となる水上公園の駐車場は何と1台2000円!!
台数が限られるため2キロほど離れた市場の駐車場が解放されます
そこからバスでピストン輸送するようですが、ここも1台1000円!

さらに7時30分以降は入場できませんとのこと

  • 受付での混雑

1万人規模をさばくのは至難の技
幸い前日の受付も可能なので、地元参加者が前日にすませれば少しは緩和されるでしょうか

  • 走路の混雑

ハーフ参加者が約7000人
スタートから1キロは2車線を全面使った直線路なので、比較的スムーズに行けるかと思いますが、それでも終止混雑した大会になることは必至でしょう
しかも折り返しが3カ所もあります

  • 給水

初回大会で一番の心配が給水
参加人数も多くかなり混乱すると思いますので、最初の給水はパスの予定です
もしかしたらボトルホルダーで持参するかもしれませんね

そんなわけで、思いっきり地元の私は前日受付で交通手段は自転車
着替えた状態で自宅をでますので8時ぐらいに出発すればOKです
ウォーミングアップは自転車15分でもう十分でしょう
給水については10キロぐらいまでは無しでも行けるので、最初はパスの作戦です

で、一番の問題は自分の体調
まだ右の膝が完璧じゃないですweep
あと一週間、なんとか復調すればいいのですが・・・・・・

|

« 解禁 | トップページ | ボランティアスタッフの苦労 »

ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/50090178

この記事へのトラックバック一覧です: 小江戸川越マラソンまで1週間:

« 解禁 | トップページ | ボランティアスタッフの苦労 »