« チャレンジ富士五湖112キロ完走記8 『坂の先に待つのは・・・』 | トップページ | 今週も100キロ!! »

2011年5月 7日 (土)

チャレンジ富士五湖112キロ完走記 データ解析編

相変わらず長い完走記となりましたが、自分の忘却簿なのであしからず

さて、ペース展開等のデータ解析です
今回、ガーミンのGPSウォッチをForerunner 310XTを使用してラップデータと心拍数データを取っています

設定は1キロごとのオートラップを基本としましたが、やっぱり誤差が出てきます
なので、5キロの距離表示を確認して手動ラップを押して補正して使用しました

最終的なガーミン上の距離表示は115.99キロとなり、約4キロも誤差が生じてしまい、完全にガーミンだけを頼るに走るのはできないようです

したがって、走っている時は1キロごとのラップ、心拍数、10キロごとのトータルタイムをガーミンで確認、正確な距離はコース場の距離表示で確認し手動ラップを追加という感じです

抽出したデータグラフそのものでもいいのですが、やっぱり5キロごとに抜き出してエクセルに落とし込んだ方がわかりやすいです

そしてこれが今回のチャレンジ富士五湖112キロでのペース推移グラフです

Photo

横軸が距離キロ、縦軸が5キロごとの時間(分)です
ただし、ラスト2キロだけは2キロのラップです

ガーミンではラップタイムとは別に“MovingTime”、つまり動いている時間というのも計測しています
青線が5キロごとのラップタイムで赤線がMovingTime
したがって、その差はトイレやエイド滞在、信号待ち、さらには後半に膝痛等でストレッチのために立ち止まっている時間になります

休み無くコンスタントに走れていれば二つの線は重なりますが、レストエイドがある区間や後半の満身創痍状態での走行区間は大きく乖離しています

それぞれの要因を書き込んだのがこれ

1_2

これを踏まえて反省点

1.トイレロスの挽回でのハイペース

ウルトラの場合、トイレいよる時間ロスは仕方が無いのですが、やっぱりどうしてもその後挽回しようと気持ちがせいでしまいペースが上がってしまっています
1キロラップを見るとキロ5分台前半の箇所もありますので、これが足へのダメージを与え、後半への影響となっているのかもしれません

2.スタート5キロのハイペース

ウルトラの場合、朝早くのスタートなので身体も温まっておらず、また十分なウォーミングアップもなく走り出します
だから最初の5キロはウォーミングアップの代わりのはずなのですが、やっぱりちょっと抑えきれていないですね

3.エイド滞在の長さ

これでも奥武蔵の時よりはかなり改善されたかな?
でもウルトラの場合、エイド巡りも楽しみだからある程度しかがないところです

4.後半の坂でのスタミナ不足

痛みもありましたが、やっぱり後半の登り坂に臨めるスタミナが不足しているのは事実です

5.後半の寒さ対策

ジャケットと手袋を脱ぎ捨てポイントで預けたのは失敗でしたね
後半ペースが落ちると急に寒さを感じてしまい、身体が動かなくなってしまいます
畳んじゃえば拳1っ個分ぐらいの大きさしかないので、最後まで携帯するべきですね

それでも完走率60%の厳しい大会で、制限時間を約50分残し、しかもくびき野の時よりダメージ少なく走りきれたことは、今後の長距離レースへの自信になりました

ただ、レースは毎回毎回条件が違います
コース、気象状況、体調などなど
以前のレースでの自信を過信してしまうのが怖いですね

さて、次のレースは決まっていますが、それは別エントリーで

|

« チャレンジ富士五湖112キロ完走記8 『坂の先に待つのは・・・』 | トップページ | 今週も100キロ!! »

チャレンジ富士五湖112キロ完走記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/51605820

この記事へのトラックバック一覧です: チャレンジ富士五湖112キロ完走記 データ解析編:

« チャレンジ富士五湖112キロ完走記8 『坂の先に待つのは・・・』 | トップページ | 今週も100キロ!! »