« 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その2 装備編 | トップページ | 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 の前に »

2011年9月30日 (金)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その1 前日編

大会は前日から始まります
そう、この大会は前日に行われる「大会説明会」への参加が義務付けられています

交通規制をしない一般道、2000mを越える登山道、最速のランナーでも必ず夜間走行が必至となる総距離143km、制限時間24時間の大会

その厳しい大会ゆえ当然ランナーには危険を伴います
「川の道」の事故は再び起こさない(起こせない)

Dscf2265

舘山代表のこの大会開催に向けての思いは胸打たれるものでした

まあ、いきなり「ようこそ!変態ランナーの皆さん!!」との一言から始まる雰囲気はいつものスポーツエイドジャパン風のゆるゆるで和気あいあいでしたけどねcoldsweats01

コースの注意説明が終了後、「川の道」の事故で犠牲になられたSさんの永久ナンバーを付けて走られる方を紹介

20110917d3c_1307_2

私は彼のナンバーを付けて走るわけではありませんが、その気持ちは同じです
たぶんSさんと交友のあったランナー、交友はないけれど「川の道」の事故を知っているランナーは同じ思いだったのではないでしょうか

そして昨年の男女優勝選手と、昨年10回目の完走を達成した方の紹介

Dscf2266

昨年の記録を見ると

男子 15時間45分36秒
女子 17時間33分59秒

しかも男子は2連覇中ですhappy02
15時間台でゴールということは日をまたがずに川越に到着ですよ!
スゴい!!

そして、10回完走者は初めてとのことで、お一人だけオレンジのゼッケンが渡されました
こちらの方もスゴい!!
しかも普通のオジさん(失礼coldsweats01)にしか見えないところがもっとスゴい!
噂によると翌週は信越五岳110kmに出たとかcoldsweats02

トップは目指せないけれど、10回完走は頑張れるかな?

そして最後にスタッフ紹介

Dscf2274_2

夜通し走るランナーも大変ですが、夜通しサポートするスタッフも同じように大変bearing
皆さんのお陰でランナーは大会を楽しめるわけで、本当に頭が下がる思いです

でもスタッフの方々も大会を楽しんでいる雰囲気がやっぱりスポーツエイド・ジャパンの大会ですねhappy01

閉会後はzoffyさん、ガッチャごんで参戦のどらごんさん、そして初対面のRinkoさんとご一緒させていただき、ほうとうで翌日の栄養を補給delicious

お初のRinkoさん、どんな方なのかな〜とお話を伺うっていると、萩往還250kmを走られたとのことcoldsweats02
やっぱりこの大会を走ろうと思う人はツワモノぞろいです

どらごんさんから去年の経験を踏まえての雁坂攻略法を教えていただきながら、ビールのジョッキを2杯空にcoldsweats01
1週間の禁酒はなんだったんでしょうね?

かなりお腹がいっぱいなって、翌日の健闘を誓い合って解散
翌朝のおにぎりをコンビニで調達してホテルへ帰還です

できるだけ早く寝たいのですが、準備に意外と時間がかかり、ホテル名物の「ワイン風呂」に入ったのは9時過ぎ

それでも足を伸ばせしてゆっくりお湯に浸かれるのはいいですねspa
ちょっと部屋が狭めでしたが、駅から近いし来年もこのホテルにしようと思います

さあ、準備完了!
あとはしっかり睡眠を取って朝を迎えるだけです!!!

|

« 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その2 装備編 | トップページ | 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 の前に »

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/52830344

この記事へのトラックバック一覧です: 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その1 前日編:

« 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その2 装備編 | トップページ | 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 の前に »