« 偶然とは恐ろしい | トップページ | 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その11 CP7〜CP8 »

2011年9月30日 (金)

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その12 CP7〜ゴール

久保のエイドの名物は「とろろイクラ丼」
大好物だからもちろん完食!!

ですが、それがこの後3時間苦しめることに・・・・

実は、このエイドに着くちょっと前当たりあたりから胃がムカムカしだして来ていたんです
その状態で消化に悪い魚卵のイクラと丼飯

食べるの止めるか一口だけにすれば良かったんですよ
エイドを出発してしばらくすると、走ると胃がムカムカして走れない!
それでいてやたらと喉が渇く
でも気持ちが悪くて水も飲めない

今まで遅いなりにもラン&ウォークで前には進めていたのに、今度はウォーク&ストップ!!
つまり少し歩いて立ち止まり、落ち着いたらまた歩きという状態にshock

歩いても時間内完走できる!とはいっても、これじゃ1時間4キロの歩行標準時間を下回ってるんじゃないか!?
もしかして時間内もヤバい!?

そんなこと考えていたら次から次へと後続ランナーが抜いて行きます
しかもこの区間、地元なので見慣れた風景
それだけになかなか前に進まないのがもどかしい!

高麗陸橋を越えなんとかその次のコンビニまでたどり着いて小休止
ここで顔を荒い何とか気持ちをリセット!
ただ状況はあまりかわらず、コンビニで買ったゼリー飲料をチビチビとやりながら歩きます

痛みなら我慢できますが気持ち悪いのは初経験、どうにもならない
それでも出来るだけ足を止めないで歩き、様子を見ながら走るを繰り返していきます

武蔵高萩駅前を通過、圏央道を潜るとここから「川越市」の看板!!
やっと帰って来た〜!
ここから自宅までは5キロ
それを過ぎてゴールまではさらに5キロ

吐き気は治まりませんがもうここまで来たら行くしか無いでしょう!
そしてついに関越道を潜ります
ここから自宅までは1キロも無いのですが、そこに帰るのはゴールをしてから!
と、ゆっくり走っていたらいい勢いで抜いて行くランナーが
「何やってんですか!?」

そう、ほぼ同じように進んで来たハンドタオル王子さんでした
どうも彼は逆に「イクラ丼」で復活したようで、その後もその勢いでしっかり走り、21時間台でゴールしました

入間川にかかる「初雁橋」で残り3キロ
橋を渡ると東の地平線がほんの少しだけ明るみを帯びています
時間は朝の4時前

昨日甲府を出てから22時間、楽しかったこと、ツラかったこと
長かったような短かったようなすごく濃厚な時間
でも、自分の脚で、あの山の向こうから帰って来たんだよ
これはスゴいよ!

実は完走の感激はゴールではなくてこの「初雁橋」を渡ってる時にやってきました

橋を渡り切ってラストスパート!といきたいところですが、やはり走ると気持ちが悪い
ちょうど同じぐらいのペースで後ろから歩いてきた男性と話しながら進みます
同じように初の雁坂挑戦組
彼もやっぱり胃をやられて走ると気持ちが悪いとのこと

最後の難関「月吉陸橋」は地元の私が先導して無事通過
彼の方が若干余力がありそうなので先に行ってもらいます

「連雀町」交差点を渡ればもうゴールの「川越湯遊ランド」は直ぐ!
次の信号を右折し、商店街を少し進んで左折して裏道へ

そしてついに143キロのゴールテープ!!

20110919d3c_5536

先回りして来た女将さん、エミさん、そしてメイド姿の女性(誰?)
そして舘山代表が迎えてくれてます

時刻は4時19分52秒
所要時間22時間19分52秒!
「雁坂峠越え143km走」初チャレンジで時間内完走です!

ゴール後は迎えてくれたスタッフと握手
あのメイド姿の女性は?とよく見たら江田塾長じゃないですか!?
わかんなかったよ〜
一番最初にお礼が言いたかったのに〜

最後は本当にどこでやめようかずーっと考えてました
ここでやめる!って宣言しちゃえばツラいの我慢して走らなくてもいいんだから

それでも前に進めたのは前後するランナーと交わす会話、そしてゴールで待っているスタッフの方々にお礼が言いたいという気持ち。
正直なところゴールの感動よりもこの苦行から早く解放されたい!、という気持ちの方が強かったです

それでも無事永久ナンバー「370番」を獲得
ツラかった〜。だけど本当に嬉しい!

この大会を目指す中で、舘山代表をはじめSAJスタッフの方々、ランニング塾の江田塾長、同じ目標に向かってトレーニングを重ねる仲間、ネットの繋がりでの知り合い。今までは一人で走っていたのがガラリと世界が変わりました。

今回の雁坂完走は自分の力の結果だけではありません
きっかけとなったSさん、そして出逢えた方々の力を借りての結果だと思っています
来年は黄色い永久ナンバーカードを付けて再びスタートラインに立ちます
ツラいのはわかっているのに、懲りないですね〜。

途中、ヘタレて歩いている370番を見かけたら“走れ!コウタロー!!”と活を入れて下さい

       「第14回雁坂峠越え143km走完走記」 完

|

« 偶然とは恐ろしい | トップページ | 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その11 CP7〜CP8 »

「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/55520036

この記事へのトラックバック一覧です: 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その12 CP7〜ゴール:

« 偶然とは恐ろしい | トップページ | 「第14回雁坂峠越え秩父往還143km走」完走記 その11 CP7〜CP8 »