« 「小江戸大江戸200kフットレース」完走記 その6 | トップページ | 「小江戸大江戸200kフットレース」完走記 その8 »

2012年3月15日 (木)

「小江戸大江戸200kフットレース」完走記 その7

赤羽のなか卯で朝ごはん(^_^)
また親子丼と今度は豚汁!
残り32キロです
6時間かける予定です


ハンドタオル王子
さん
 フル切った!ほぼ歩きでも間に合いますね!ここまで来たら絶対完走だ!!

塾長
 お!あの親子丼でまた復活だ‼
いけさん
 もうすぐですね!コウタローさんがんばってください!!
A鹿さん
 いつもながらの気が遠くなるようなロングラン。
 フツーの休日ジョガーには想像もつきません(笑)。
 ゴールまでぜひ楽しんで!
甘栗さん
 時間はいっぱいあるので気持ちに負けずに頑張って下さい!

赤羽台団地を抜け、北赤羽駅に向う辺りで自宅に電話
足の痛み落ち着いていて、なか卯でシッカリ休憩を取った直後なので、みょ〜にハイテンションな電話だったようですね
暫くは埼京線の高架沿いを進みます
日曜の朝、ゼッケンを着けてヨロヨロと走るランナーはチョット異様な光景だったんじゃないでしょうか

さて、赤羽を出発してから比較的順調に走ってきたのですが、浮間舟渡の駅前を過ぎた辺りから今度は今までとは反対の左足に痛みが出てきました
痛むのは足首のチョット上のスネの辺り
関節そのものではなくやっぱり筋のようです
徐々に痛みは増してきて、舟渡大橋を渡って高島平に入った頃には足を地面に着けるだけでも痛むように(´Д` )

今度は反対の足首(>_<)
ロキソニンの用法用量は無視!
治まって(~_~;)

塾長
 治って! 治って〜‼
 川越で、お風呂→ビールが待ってるよ‼

沿道にドラックストアを見つけたので、エアーサロンパスを手に入れたいっ!て思いましたが、まだ10時の開店時間前(/ _ ; )
やがて完全に歩き
しかも牛歩状態
横向きに歩いてみたり、斜めに歩いてみたり、しまいには“欽ちゃん走り”も試してみたり・・・
当然、後続のランナー数人に抜かれます(~_~;)

全くはしれない(>_<)
とりあえず速足でロキソニンの効果待ち(~_~;)

金寿しのおやじさん
 うーん。(∋_∈)がんばれ~!
 でも、無茶しないで~!
 って、小江戸大江戸に出ること自体が無茶なことでした。(汗)
 痛みがおさまるといいなぁ~!

欽ちゃん走りで走るとはしれる事を発見f^_^;)
街中は無理だけど、河川敷に出たらやってみよう(^O^)/

金寿しのおやじさん
 いいね~。(^∇^)/
 人間、切羽詰まるといろんなこと工夫するもんですね!?(笑

甘栗さん
 もう少しですね。欽ちゃん走りでゴールしちゃってください!
 あとは気合いです!

何とか足を進めて、やっと荒川河川敷に出る前の最後のコンビニに到着
ここのコンビニを出ると羽根倉橋エイドまではずーっと河川敷
途中でエスケープ出来るポイントは秋ヶ瀬橋のバス停まで無し!
もしリタイアを考えるならここで新高島平駅に行くのが最後です
時間的には歩いても十分時間内完走出来るんですが、その歩きが微妙に怪しい

そんな事を考えなら店内で買い物をしていたら、ラン塾で一緒のU野さんが到着
大江戸だけの参加なのですが、それなりに辛そう
でもやっぱり同じくゴールを目指している

ここまで来たんだ!
残りはもうわずか‼
リタイアは完全に動けなくなってから考えよう‼

気持ちは決まりました、行けるところまで行こう(`_´)ゞ
投与間隔がチョット短いですが再びロキソニンを投入‼
更に着付け薬としてレッドブルも投入‼

Img_0804

レッドブルも投入!
これから辛い辛い河川敷

ハンドタオル王子さん
 高島平抜けましたか!!
 羽根倉橋のエイドまで頑張って!!
O久保
 この距離、本当にすごいと思います。
 完走をお祈りしています!
ラルムさん
 脚の痛み辛いよね。
 でも、ゴールは見え始めてます!
 辛いけど最後まで頑張って!!!

河川敷で心配していたのは北風
ところが今日はほぼ無風
気温も暑くも寒くもなく、この気象条件は幸いしました
激痛が走らないように足運びを工夫しながら何とか走れる
気を紛らわすために遠くに見える鉄塔の事を考えてみたり、河川敷のグランドでプレーしている少年野球を眺めたり・・・

Img_0805

と、外環道の幸魂大橋をくぐる頃には痛みが薄らぎ、徐々にいいペースで走れるようになって来ました!

復活!

金寿しのおやじさん
 えーっ!?復活したの?
 もうダメかと思ってた。(^^;)
 良かった!
 コウタローさん、がんばれ~~!!あともう少し

やがて道は土手の上に上がります
痛みはあるものの坂道でも意外とシッカリ走れる!
土手は右に大きくカーブし朝霞水門が見えます

そして、その近くに背の高い女性を発見!
スポーツエイドはの大会で何時もお世話になっているエミさんです!
川越から逆走してきたとのことで、復活直後に出会えて嬉しかった〜

朝霞水門ではちょうど私設エイドもあったので、しばし休憩
ゴールまでたどり着けるのか、今の今まで不安だらけだったのですが、完全にスイッチが切り替わりました!
若干予想より遅れていますが、まだまだ挽回は可能!
当初予定の30時間切りに向けて再始動です(`_´)ゞ

先ずは武蔵野線の陸橋を目指します
対岸には彩湖が見えます
大会デビュー、そしてウルトラデビューしたのがこの彩湖
そして今、200キロの大舞台をまた彩湖が見守ってくれています

武蔵野線の高架をくぐるのに土手から降りるかそのまま土手を行くか、どちらでもいいのですが、風もないので眺めのいい土手上を選択

Img_0806

鉄塔「京北線」が荒川を渡っていきます

もうすぐ秋ヶ瀬橋

ハンドタオル王子さん
 秋ヶ瀬橋過ぎたらエイドは近い!!頑張って!!
H田さん
あと少し、がんばれーっ!
ヒデキさん
 もうここまで来たら、這ってでも行けーーー!!

この辺は生まれ育った土地です
ホッとする懐かしい風景を眺めながら着実に前に進みます

そして待ちに待った羽根倉橋エイドに到着!

区間距離45.8km
到着時刻11時21分、区間タイム8時間14分

葛西から約8時間!
長かった〜、ツラかった〜

|

« 「小江戸大江戸200kフットレース」完走記 その6 | トップページ | 「小江戸大江戸200kフットレース」完走記 その8 »

「小江戸大江戸200k」完走記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/54354517

この記事へのトラックバック一覧です: 「小江戸大江戸200kフットレース」完走記 その7:

« 「小江戸大江戸200kフットレース」完走記 その6 | トップページ | 「小江戸大江戸200kフットレース」完走記 その8 »