« 2回目の「雁坂峠越え」完走記4 | トップページ | 2回目の「雁坂峠越え」完走記2 »

2012年9月18日 (火)

2回目の「雁坂峠越え」完走記3

去年は真っ暗だった秩父エイド
ことしは17時40分なのでまだ明るい
武甲山の姿もはっきり見えます

ここではユニバの方々がエイドを担当
しーちゃんからは栄養ドリンクと大福を頂き、さらには痛み止めの塗り薬も!
いつものほんわかした声に癒していただきました

そして、今回DNSとなってしまったのまさんもギブス姿で応援に駆けつけてくれてました
やっぱり来年は一緒にスタートラインに立ちたいですね

ちょうど代表とエミさんがゴールへ向けて出発するところだったので代表に
「足が痛くなっちゃってもしかしたらダメかも」と言うと
「電車乗る? 駅直ぐそこだよ!」
そんな簡単に言わないでしょ〜代表crying
最悪歩っても進めなくなるところまでは頑張ると決心!

夜間走行の準備をして再出発
エイドの皆さんの声援がスゴく嬉しい!
正丸峠目指してボチボチと歩きながら自宅に電話
実は途中でTwitter投稿しようと思っていたのですが、さすがソフトバンク!山間部はほとんど圏外weep
準備完了!から更新が無いじゃないの!!と娘はご立腹
しかも圏外の状態で電源入れっぱなしにしてたらそれだけでバッテリーを消費してしまい、残り30%
その電話を最後に非常連絡用のために電源はOFFにしました
予備のバッテリー持ってくるんだったな〜

上野町交差点を右折し国道299号に入ります
徐々に暗くなって来て、横瀬町役場あたりからライトを点灯

斜度が強くなってくるのと比例するかのように足の痛みも段々強くなって来ます
膝の痛みはロキソニンで押さえ込めてるようですが、脛の痛み結構キツい
何人かに抜かれていきますがもう追いすがる気力は無し

芦ケ久保の少し手前でテツさんとA谷さんに追いつかれます
テツさんは初の100km超えるとは言えサブ3のスピードランナー、A谷さんは「川の道」を時間外ながらもゴールした不屈の精神を持つ女性
いい感じのペースで坂を登って行きます

ウルトラのレースでは私の方が経験が長いのに悔しい!
ゆっくり歩いても走っても痛いのは痛い!
じゃあ走っちゃえ!!
結局正丸峠の登り坂を二人のライトが見える範囲でなんとか食らいついて、正丸エイドの少し手前で追いつきました!

区間タイム2時間18分
痛いながらも去年よりは10分短縮

エイドの灯りは見えないのにやたらとデカい声が!
江田塾長です!
今年のコスチュームは「女子高生」らしいですが、こっちは余裕無し!
それでも「「大丈夫!ゴールまで行ける!」と激励されもう限界点を超えたはずの足で峠越えの最後の坂に挑みます

峠道は真っ暗!
去年以上に前後に人の気配は無し!
峠の頂点までは誰にも抜かれることなく一人旅
県内有数の心霊スポットと言われていますが、まったく霊感の無い私は全く怖く、暗闇が楽しいぐらい
残念ながら薄雲がかかっていて満天の星空ではなかったですが、それでも多くの星が瞬き、あ〜今年もここまで来たんだ!と少し感涙
でも足は痛い!
残りフルマラソン1本!なんて走れないよ〜

痛いながら登り坂はそれなりに走れたのですが、道が下りに転じると痛みが強くなりキツい
摺り足でなんとか凌ぐが下り坂とは思えない程のゆっくりペース
後からエイドを出たテツさんとA谷さんが軽い足取りで抜いて行きます
羨ましい!

走れないと国道299号までの峠道が長く感じます
さらにはお腹の具合も
次のトイレは正丸駅
国道299号に出てからも意外と長い
なんとか頑張ってやっと正丸駅に到着
駅のトイレなので当然和式トイレ!
しゃがむのに左膝は痛いし、動きの悪い左をかばうために酷使している右の大腿の筋肉はバンバンbearing
それでもスッキリ!
だからといって走れるわけじゃなく、西吾野のエイドで休むことだけを目指して痛みをこらえながら前に進みます

西吾野駅を過ぎてやっとCP7の西吾野「ロックガーデンカフェ」
区間タイム1時間42分
ついに去年の区間タイムを超えてしまいました

私が苦戦しているって情報は女将さんはじめエイドスタッフに伝わっていて、心配して声をかけてくれて嬉しい!
幸い胃は元気なのでエイドで出される食事をいっぱいいただきました

もうリタイヤして電車で帰るにはリミットに近い時刻の21時40分
残りは33km、8時間
歩ければなんとか時間内完走は可能、行けるところまで行こう!
出発したものの、真夜中の道はなかなか気持ちが続かない
走って歩いて、でも立ち止まらないで前に進む!

そんななか、気になるのは仲間の動向
スタートラインで笑顔で並んでいた皆んなも苦しんでるのかな?
初参加のあの人は大丈夫かな?
無念のリタイヤになってしまった人はいないか?

吾野の駅に渡る橋に車が停まっている
そのそばに見慣れたウェアを着たランナー
あれ、先に行っていたI口さんじゃないですか
私と同じ腸脛靭帯炎の痛みとさらに胃腸の不調のためリタイヤするとのこと
去年、私より1時間以上ゴールしているし、今回も雁坂の下りで早々に離されているのでまさかの結果にビックリ
無念だったことでしょう

もしかしたらここで私もリタイヤを考えなきゃいけなかったのかもしれません
どのぐらいダメージが残るかわからないですから
でもこのとき、なぜかリタイヤって全く考えてなかった
このツラさから解放されるためにはゴールにたどり着くしかないと

I口さんの声援を受けてしばらく進むとラン塾のhimeさん、I井さんの応援に遭遇
車で行ったり来たりしながらの私設エイド&応援してるとのことで、梨をいただきました
真っ暗で寂しい夜道、応援は本当に嬉しい!

もうちょっと進んだら、今度は「小江戸大江戸TW」の皆さんの私設エイド
助けて〜!と飛び込むように椅子に座らせていただき、ビールも一杯!
元気になりました!
この区間、私設エイドは本当に有り難いです!
そして声援に応えるために、遅くはなってもゴールを目指さないと!と前に進む気持ちがわいて来ました

ラン塾でバーベキューに来た「かたくりの郷」、東吾野駅、そして久しぶりのコンビニ!
豆乳と久しぶりの「ガリガリ君」
そしてロキソニン&ガスター10を再投入!

武蔵横手駅を過ぎてもうちょっとで高麗CPなのですが意外と遠い
しかも最後に今更の登り坂!
でもここを過ぎればエイド!と思い一踏ん張り

そしてついにCP8「高麗」
区間タイム2時間38分
時刻は翌0時18分
目標を23時45分を大きく超過したのでとしていたの、もうこの時点で20時間切りは夢の夢に
足取り重くエイドに向かいます

その4に続く

|

« 2回目の「雁坂峠越え」完走記4 | トップページ | 2回目の「雁坂峠越え」完走記2 »

2回目の「雁坂峠越え」完走記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164665/55688414

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目の「雁坂峠越え」完走記3:

« 2回目の「雁坂峠越え」完走記4 | トップページ | 2回目の「雁坂峠越え」完走記2 »