2012 奥武蔵ウルトラマラソン完走記

2012年8月 6日 (月)

第19回奥武蔵ウルトラマラソン完走記1(スタート〜20キロ)

朝から雲一つない晴天
日差しも強く、暑くなる予感の中、会場の「毛呂山総合公園」へ

今年は知り合いも増え、多くの方に挨拶しながら準備を進めますが・・・・やっぱり顔のケガが恥ずかしいですねshock
10分程前にスタートラインに並びますが暑い!
ポジションは真ん中ぐらいかな?

毛呂山町長による号砲でスタート!
今年は参加人数が増え結構な渋滞
まあ長丁場なので慌てないでいいとはいえ、あまりに遅いペース
スタート前に会えなかった人に挨拶しながらなんとか徐々にペースアップ

今までは1キロ地点を右折してゴルフ場「エーデルワイス」前の急坂を登るのですが、今年はコース変更があって、そのまま鎌北湖へ登ります
登り詰めたところに最初のエイドがありますが、混雑しているしまだまだのどの渇きを感じないのでパス
鎌北湖湖畔を進み、鎌北湖奥の駐車場先のY字路を右へ
ここからが新コース
徐々に傾斜がキツくなってきますが、登りの距離はさほど無いのは試走でわかっているので頑張って登ります
ここでモトチカさん捕捉!

ダートに変わるポイントに設営された「日向エイド」到着
スポドリを1杯いただいてダートの登りに臨みます
鉄塔の袂が登り坂の頂上

ここからは下りですが、砂利道の下りは走りにくい
慎重に慎重に下ります
「獅子ヶ滝」入り口で舗装になり、程なく5キロ地点
27分09秒/5キロ
最初のスローペースと、登り坂を加味すればちょうどいい感じかな

今回、平地キロ5分、軽めの坂キロ6分、キツい坂キロ7〜8分で走ろうと計画してました
そして5キロ30分を基準に出入りを管理して、下り坂でちょっとずつ貯金して7時間30分を目指す計画です

さてここの下りでヒデキさん、ジュンイチさん、タケマさんのラン塾仲間が先に行きます
まあ、彼らはサブ3の実力者なので焦らない焦らない

「滝の入エイド」では給水以外にバナナを摂取
さらにバンダナを濡らしてもらい冠ります

この先の桂木周回も今回の変更点
いままではY字路を右に進んで「反時計回り」だったのですが、今回は左に進んで時計回りになります
桂木観音前のつづら折りの急坂がなくなりますが、だからといって楽なわけじゃなく、ダラダラとした登り坂が続き、さらには旧10キロ地点のループ状の坂がかなりキツい!
個人的には新コースの方が嫌ですね

坂の斜度がキツくなる直前で10キロ地点
24分18秒/5キロ
ほぼ予定通り!

さてここからが結構キツいですが、まだ序盤なのでしっかりと登れます
難関のループ状の急坂もクリア
でもそこから「桂木エイド」までがアップダウンが意外とあるのが試走でわかってますので気を抜かず進んで「桂木エイド」到着

その後桂木観音入り口までの間で15キロ地点
27分24秒/5キロ
登り区間が長いので30分超えてもいいかなと思ってたので上出来です!
その後、道は下りに転じます
結構な斜度で、去年までのコースだと登りで苦しむ区間
下りだから楽かと思いきや、斜度がキツいので全力では飛ばせない
脚へのダメージを抑えるため、あまりストライドを延ばさず小走りで下ります

坂が終わり再び「滝の入エイド」に
この区間、日差しを遮るものがないので暑い!
さっさとグリーンラインに上がらないと体力を消耗してしまいます

来た道を戻り「エーデルワイス」への曲がり角の少し手前が20キロ地点
24分55秒/5キロ
下り区間なので23分ぐらいで行けるかと思いましたが、暑さのせいかちょっと遅め
でも25分以内で収めたのでOK
20キロでの経過タイムは1時間43分46秒

今回のコース変更区間をほぼ予定のタイムでクリア
脚のダメージもなく、高温多湿による熱中症の気配もなく順調です!

その2に続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

第19回奥武蔵ウルトラマラソン完走記2(20〜40キロ)

次の難所は「エーデルワイス」前の登り坂
下回りで散けたのと、それなりに前方のポジションなのでランナーはパラパラ程度

歩きたい衝動にかられますが今回は遅くても走る!と決めていたのでガンバリます!
少し前にヘタレてうつむきながら歩く女性ランナーが見えます
ここ歩いちゃうとツラいんだよな〜って思って、横に並んだ時に「ファイト!」と声をかけようとしたら・・・・

「何してんの!?」
と思わずそんな言葉が出ちゃいましたが、なんと江田塾長coldsweats02
「もうムリ!」とゲッソリした顔shock
まさか去年に引き続いて・・・・

気にはなるけど先を目指します
トンネルを潜り、坂を下ると再び鎌北湖へ向かう道に戻ります
曲がり角では走路案内のスタッフ他多くの方に声援をいただきました
試走時にはウンザリした2回目の鎌北湖への登り坂もさほどツラく感じることなく「鎌北湖エイド」に到着

ジョグノ繋がりのそらさんに声をかけていただき本格的な登り坂に臨みます
鎌北湖湖畔は助走区間
ここからが奥武蔵ウルトラの本当のスタートです
何度走っても「清流エイド」までの激坂はキツい!
でも斜度、カーブ、距離はほとんど身体で覚えているのでキツい割にしっかり走れます

その坂の途中が25キロ地点
30分40秒/5キロ
35分かかってもOKと思っていたのでいい結果です!

次の「ユガテエイド」までは下り基調なので「清流エイド」は敢えてパス!
北向地蔵までは登りますがその後は下り
折角登ったのに・・・・

そしてあっという間に「ユガテエイド」
ここからの登り返しが結構ツラいのでしっかり補給
幸い胃腸はOK
心配していた顔面の傷もなんとか大丈夫

ユガテから顔振峠までの登りはいつ走ってもキツい
それは私だけじゃなく周囲のランナーも同じようで、さすがに皆ペースダウンして忍耐の走りです

ふと前に見慣れたランナーがと思ったらうっちーじゃないですか!?
もっと先に行っているものと思っていたのですが、富士登山と同じ展開です
ツラそうですがしっかり追随してきます

しばらく登ると今度はユニバ奥武蔵100kmでご一緒したテツさんも(>_<)
前半かなり飛ばしたらしく、胃が痛くなったとのこと
この区間、お二人を引っ張って走ることになりましたが、結局お二人はその後復活して、私は置いて行かれましたshock

さて「黒山エイド」の少し手前が30キロ地点
29分46秒/5キロ
30分を切れてるからOK!

「顔振エイド」のちょっと先が35キロ地点
31分16秒/5キロ
30分を超えてしまいましたが、エイドでの休憩がそれなりにあるのでいいところかな?
今回、比較的前の方(多分100位前後)で走っていたので、エイドはまだ混雑も無く、フルーツを中心にふんだんに頂くことが出来ました

さてさて登りはまだまだ続きます
去年、脚が止まったのはこの区間
でも今年は大丈夫そう
とは言えペースは落ち気味ですね
しっかり腰を引き上げて坂を登ります

「見晴台エイド」では首筋を氷で冷やしていただきリフレッシュ!
そしてほぼ中間点の「高山エイド」に到着
ここでスペシャルとして預けてあったVESPAを補給
「川の道」2位の賞品としていただいたものです

関八州見晴台手前の坂がかなりキツい!
でも歩かない!

その坂をクリアして40キロ地点
34分27秒/5キロ
累計3時間49分55秒

40キロの通過タイムは去年より18分早い!
ダメージはほぼ無く後半戦に突入です!

その3に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19回奥武蔵ウルトラマラソン完走記3(40〜60キロ)

「飯盛エイド」では蒸かしいもにたっぷり塩を付けて、美味しかった〜
スタッフから「後半分だよ〜」、と声をかけられ、「そうか、もう半分で終わっちゃうんだ〜」とちょっと寂しい気持ち

ここからはそんなにきつい登り坂はありません
緩い下り坂を走っていると、いよいよ復路のトップ選手が!
遠くからでも誰かわかります! 奥宮さん!!
さすがにツラそうな表情ですが、いつもの和やかな笑い顔のおっくんとは全く違う、アスリート奥宮選手の顔!
鳥肌が立つくらい感激です!
その後、2位の選手がしばらく来なくて、結局5時間42分16秒でぶっちぎりでの優勝でした

「刈場坂エイド」の手前で45キロ地点
31分18秒/5キロ
できれば30分切りたかったところですが・・・・
「刈場坂エイド」ではユニバーサルの皆さんがスタッフをされていて温かく迎えてくれました

次の「大野エイド」までは少し下ってまた登り
下りは順調(当たり前か)
さて登りだ!!
と足に力を入れたら、両下腿の脹ら脛横(文章で説明しにくいですが、脹ら脛じゃなくて足の横の筋肉)に痙攣の兆しshock

そんなところ攣ったことがないし、攣ったらかなりヤバそうなので少しペースダウンして様子を見ながら坂を登ります
幸い下りには影響無し

「大野エイド」で少し足を曲げ伸ばし
この間についにうっちーが先に行ってしまいました

今回、下回りのコース変更に伴い、折り返し地点が近くなっていて、「県民の森」駐車場が折り返し地点です
なので「大野エイド」との距離は極端に短くて1.6キロ
この間で先行していたラン塾仲間とスレ違います
思った程は離れていないです

その間に50キロ地点通過
32分23秒/5キロ
登りのペースダウンが影響したかな?

さていよいよ折り返し!
まず目に入ったのは「カオナシかっくん」
この炎天下、真っ黒な全身かぶり物は自殺行為だよ〜
でも一生懸命手を振っての歓迎は嬉しい!

カリンさんからは顔の絆創膏を笑われましたが、水をかけてもらい復路の元気をもらいました
そして「川の道」でご一緒したK村さんと久しぶりの再会!
今回はスタッフでの参加でした

さて残りは30キロもありません
そして下り基調
ガンガン行きたいところですが、どうも両足の例の場所が不穏な気配
下りは問題ないのですが、軽い登りが今ひとつ走りきれない

それでもここからがオクムで一番楽しい区間だからガンバリます!
すれ違いでのエール交換!

すれ違いコースがある大会は他にもいっぱいあるでしょうけど、こんなにもいっぱいエール交換が行われる大会は無いんじゃないかな〜
そしてすれ違う仲間とのハイタッチ!
それぞれがそれぞれの目標に向けて頑張ってる!
このランナーの一体感がオクムの魅力の一つですね

「大野エイド」はあまりに近いのでパス
「刈場坂エイド」でふたたびユニバーサルの方々の歓迎を受け先に向かい55キロ地点通過
28分46秒/5キロ
久しぶりに30分を切ってきました

「飯盛エイド」もパス
おおむね快調ですが、やっぱり登りはあまり力が入れられず・・・・
それでも何とか攣ることなく凌げています

そして「高山エイド」到着!
あれ!? 復活の江田塾長発見!!
エーデルワイスの坂での姿から完全にリタイアしていたものと思っていましたが、なんと復活した模様です
声も何時のも元気が復活してましたので、完走は大丈夫そう、よかったよかった〜

「高山エイド」を出てすぐ60キロ地点
30分38秒/5キロ
累計5時間53分

ちょっと登りに不安が出てきましたが、まだまだ走れます!

その4に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19回奥武蔵ウルトラマラソン完走記4(60キロ〜ゴール)

さてレースも終盤
ゴールタイムをあれこれ予想しながら走ります

残り18キロなので、5キロ30分で走って1時間48分
つまり7時間51分なので8時間は間違いなく切れそう
去年の記録7時間53分も大丈夫そう

でもそれじゃ面白くない!
5キロ28分平均で7時間30分台!

と意気込んだ矢先、左のくるぶしあたりに痛みが出てきました
軽い痛みなので今のところ走りには問題ないのですが、痛みが急に強くなってストップ!という経験を小江戸大江戸でしているので、ここは慎重に下りのペースも抑えます

「見晴台エイド」でちょこっと給水して、織姫岩を通過
「顔振エイド」ではフルーツをたくさん補給
エイドを出る時に応援ランに来ていたまさやんに声援をもらい下り坂へ

ヘアピンカーブの直前で65キロ地点
29分10秒/5キロ
28分台で行きたかったところですがムリは禁物!

「黒山エイド」もパス
「ユガテエイド」までの下りも慎重に行きます
ここでラン塾のO内さんが抜いて行きます
ラン塾でいつも同じ組み分けで走ることが多いのですが、いつも私が先行して、後半でO内さんが抜去るパターン
今回も全く同じでしたね
軽快に下りを走る姿が羨ましい〜

「ユガテエイド」の手前で70キロ地点通過
29分10秒/5キロ
累計6時間51分42秒
残り8キロ
1時間かけても記録は更新できますが、もう細かいことは考えない!

まだポツリポツリとしかランナーは帰ってこないので、「ユガテエイド」ではエイドスタッフ全員からの熱烈な歓迎
いつもそうなんですが、この復路の「ユガテエイド」が一番好きだな〜
ここでは気付け薬にノンアルコールビールを一杯!

さあ、最後の登り!
ここ区間がオクムで一番の難所
でも歩かない!!
たまらず歩き出したランナーからは「ナイスファイト!」とエールを受けかなり遅いながらも走って登ります

そしていよいよ「あ”〜」の看板!
キツい登りはこれで終わりです
ゴール以上に嬉しい瞬間!

北向地蔵に軽く会釈をし下りを走り出します
「清流エイド」でも大声援で迎えてくれましたが、走るリズムを乱したくなかったので「ごめんなさ〜い!」と叫びながらパス

さあ、ここからの激下り!
ただ、やっぱり左のくるぶしの痛みがあって全開には飛ばせない
坂の終わる少し手前で75キロ地点通過
31分27秒/5キロ
下りで飛ばせないのがタイムに反映されてますね

残り3キロ!
ついに坂から解放!!
鎌北湖の手前では「こあしす」のK先生が出迎えてくれました
写真も撮っていただきました

558227_227906103998970_1606898581_n

さあラストスパート!と意気込んでみたのですが、フラットな湖畔の周回道路はキロ6分が限界
前後にランナーがいないので抜かれることはないのですが、逆にペースが掴みにくい

そして「鎌北湖エイド」到着
再びそらさんに声援をもらって残り2.1キロ

ここからはキロ5分でいけるかな〜と目論んでいたのですが、全くペースが上がらずweep

そして残り1キロ
少し行ったところで2人組に抜かさ離されます
それでも後ろにはしばらく誰もいないことを確認
いよいよゴールの毛呂山総合公園へ!

ゴールゲートが見えます
その下にひかれたゴールテープを目指してゆっくりと進みます
そしてエミさんの「コウタロー、お帰り〜」というアナウンスを聞きながら、テープを切りました

7時間40分57秒!
細かな反省点、悔しい気持ちはありますが大満足の結果です!

その5に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第19回奥武蔵ウルトラマラソン完走記5(ゴール後)

自分自信のゴールで終わらないのが今年のオクム!

先着していたラン塾メンバーやスタッフに完走報告
そして、舘山代表にも「たのしかったよ〜」と挨拶

次はビール!
350ml缶はあっという間に身体に吸い込まれました
やっぱりこれがなきゃね!

汗でスゴい状態なのでとりあえずシャワー室へ
すごく並んでいましたがこれでサッパリ!

再びゴール会場へ出て後続のランナーを迎えます
程なくしてNAOちゃんがゴール!
去年の記録更新はできなかったけど、笑顔のゴール、素敵でしたよ!

次々とゴールしてくる知り合いを迎えながら、気になるのは・・・・江田塾長
先に帰っちゃマズいよね〜って他の塾生としゃべりながら待ちます
そうこうするうちにビールは3本目coldsweats01

ゴールしてくる知り合いに塾長の情報を聞き出して統合すると、なんとかゴールに向かっている模様
もうすぐ来るよ〜って情報があってふとゴールゲートをみるとちょうど塾長がとある男性を伴ってゴールするシーンでした
9時間55分!
あの状態から10時間切りとはスゴい復活劇!!
後で聞くところによりと、その男性を道連れに走って(歩いて)きたとのこと
塾長らしい!
でもホッとしました!

会場では表彰が始まって、もちろん優勝はダントツの奥宮さん
そして団体での表彰
上位5名の合計タイムで順位が決まるのですが、私の所属する武蔵UMC、男子5位入賞!
その4番手として入賞に貢献することができました!
来年は打倒MY☆STAR!ですね
賞品のお酒、忘年会で飲むのが楽しみです!

やっぱり今年のオクムも暑くて熱かった!!
今年は知り合いいっぱいの中での大会で、今まで以上に楽しめた大会でした
さて、来年は7時間30分切りを目標に行きますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)